FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

贈るつもりで自分が味わうバレンタイン for いってつ 2017




「いってつぼっきねんび」を知ってる人も知らない人も、今日は今一度↑のブログ記事を読みましょう。
一徹くんの感謝の気持ちと、それから、もっとも大事なことが書いてあります。
それは、ひとことで言うと、

プレゼント自粛のお願い

です。
一徹くん特有の優しい言葉で表現されているけれど、
「プレゼントよりも、お金を出して作品を買ってもらう方が嬉しい」。そう書かれています。
この次の記事でも、「あげたつもりで自分にご褒美してほしい」
その次の記事でも、「お気持ちだけで十分」
再三そう言っています。


そして、今日、新たに一徹くんから、「いってつぼっきねんび2017」がやってきました。




ハッキリ、「受け取らない」と言っています。

なので、バレンタインと言えども、一徹くん宛に実際にチョコレートやお菓子を含めプレゼントを贈るのはやめましょう。


でも、キモチは伝えたい・・・。

ということから、2年前から「贈るつもりで自分が味わうバレンタイン for いってつ」というお遊びをしています。
文字通り、一徹くんにプレゼントするつもりで、美味しいお菓子や高級チョコなどを買って、自分で楽しむということなのですが、
せっかくなので、それをTwitter上で一徹くんに贈っちゃおう、というものです。
もちろん、Twitterをやってない方は、自分で味わった後に感想とキモチをお便りフォームで一徹くんに伝えるのもありですし、
ただただ、自分だけが楽しむというのもありです!
そして、このブログを読んだからといって、強制するものでもありません。あくまでもお遊びです。


Twitterで参加されたい方は、次のようにしてみてください。

1.贈るつもりのチョコやお菓子を写メに撮る
2.自分で味わう
3.Twitterで、ハッシュタグ「#贈るつもりで自分が味わうバレンタインforいってつ」を付けて呟く
 ※注意
   ・「#」は半角
   ・#の前にスペースか改行
   ・「#贈るつもりで自分が味わうバレンタインforいってつ」の中にはスペースは入れない
   ・「送る」ではなくて「贈る」です。
   ・ツイは、一徹くんにリプライの形でも、単なるつぶやきでも。自由とします。
   ・アカウントに鍵をかけてる方は、一徹くんにリプしてもご本人に届きません。

☆ハッシュタグ付きのツイは、2/14 0:00~23:59 のみにしてください。

時間内のハッシュタグ付きのツイは後ほどTogetterでまとめます。
去年までは、一徹くんにそのまとめをリプライでお知らせしてきたのですが、2月以降一徹くんの現在のTwitterアカウントがどうなるかは不明なので、今年はお知らせしないかもしれません。


去年の概要はこちら→ http://pinknakokoro.blog.fc2.com/blog-entry-214.html
Togetterはこちら→ https://togetter.com/li/938070


ではでは、今年も楽しく美味しいバレンタインにしましょう♡

お知らせなど | 【2017-01-26(Thu) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

専属卒業についての話し


先日の、一徹くん・ツッキーからの専属卒業宣言後、Twitter上などでのみなさんの動揺が大きいことを受けて、
11/26のハグイベのトーク内で、お二人+牧野さんからお話があったそうです。

わたしはイベントには参加していないのですが、参加していた友人が帰りに一生懸命思い出しながらメモしたものを送ってくれました。
ブログなどはやっていないので、そのメモを転載してみなさんに伝えてもらって構わないと言ってくれたので、わたしがこうしてブログに書くことにしました。



牧野さん
「ネットを見ていると、良からぬ噂が広まって、不安が大きくなってしまってるんですが、
AV業界では、専属、専属解除はよくある動きで、決してそれで引退という訳ではありません。
専属解除になっても、そのメーカーに出演することは当たり前のことだし、他のお仕事も並行してできるんです。
あんまり、みなさんマイナスな方に捉えないようにしてくださいね。」

ツッキー
「みなさん、4年半本当にありがとうございました!
ちょっとこうやって頻繁に会うことは少なくなるかもだけど、作品には出させてもらうんで、まだまだよろしくお願いします。
この流れだと僕、引退にもっていかれちゃうようで不安なんで、よろしくお願いします。僕はやめません!
あと、僕はやりたかったことがあって、専属の時にはそれは無理だったんでやってみようと思います。
絶対楽しんでもらえると思うし、とにかく楽しみにしておいでください!」

一徹くん
「ブログをアップしたら、各方面から連絡をもらいまして。
もちろんツイッターのリプや、メールフォーム、どれも心配させてしまってる内容ばかりで、ほんっとごめんなさい。
僕の書き方が悪かったです。」

ツッキーが、
「まぁ、確かに後半のアレはいけなかったですね。そう取られても仕方なかったです。」とつっこんだそうですw

一徹くん
「あ、ほんと?やっぱり?ごめんなさい。」

「僕、ほんとに普段からマイペースなんです。マイペースな人間なんです。だからあんな風に書いちゃって、、

フリーって、自営業みたいなもので、来るお仕事で仕事量が決まるんです。
で、僕、ぐるぐる泳ぐの止めたら死んじゃうマグロみたいに、必死でお仕事もらってて。マグロも動くのやめたらダメなんです。
これ、断っちゃったら、他の人がうまくいって、あいつもう呼ばなくていいかなーとかなるのが怖くって、
それで必死に受けてかなり無理なスケジュールでやってたんです。

専属にならせていただいてからは、定期的に隔週土曜日にイベントやってない週にもちょこちょこ仕事をやらせてもらっています。

フリー、専属という期間を経験させてもらって、今度は自分なりにスケジュール管理をしようと思いまして。

(ちょっとのんびりする、というのも小休止とかでないし、その期間何もしないということではなくて、
今の詰め込んだスケジュールよりのんびり、、という意味で)←ここは牧野さん、ツッキーと3人の会話からこういう意味だと解釈できたそうです。

だから、のんびり、って書いちゃだめでしたね。
ブログ、書き換えましょうか?追記しましょうか。

とにかく引退とかではないです!

昨日も、メールフォーム読んでたんですけど、
どう見ても震えながら書いたでしょ、って内容がたくさんで。
僕の勝手なお願いなんですけど、明るく、笑顔で、いってもらえないでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。」

牧野さん
「決して、エロメンさん達はいなくならないですし、作品にも出ていただきます。イベントも企画していきますので、どうぞお二人を見守ってくださいませ。もちろん、シルクラボも消えません。
どうぞよろしくお願いします。」


ということだったそうです。

もちろん録音していたわけではありませんので、一言一句このままというわけではないですが、雰囲気が伝われば・・・、と一生懸命思い出して書き出してくれました。感謝です♡

その後も、ちょっとしんみりしている会場を盛り上げようと、「お願い笑って!」とか「カンパイはでっかい声で!」とか二人で頑張ってくれたそうです。


あのブログを受けてみんなが寂しく悲しくなっちゃってること、一徹くん本人が一番びっくりしているんだと思います。
「のんびり」=休業というわけでもなさそうだし、「引退はしない」と言っています。
ただ、今日のニコ生でも言っていましたが、2月以降の仕事がどうなるかは本人も分からないから、ハッキリ言えないんだと思います。
だって、1月末まではSILK LABOの専属男優ですから。
お仕事のオファーもそれ以降じゃないと受けられないと思うのです。

SILK LABOの専属じゃなくたって、一徹くんもツッキーもいます。
だって、当初は専属じゃない状態でSILK作品に出てたんですから♪
だから今後もSILK LABOの作品にも出ることだって絶対あるし、イベント出演のオファーもすると牧野さん言ってたそうです。

卒業までまだ2ヶ月あるから、それまでには今は未定なことも決まって来るでしょう。

わたし自身は、まずは1月末の卒業までをしっかり見届けたい。その後のことは流れに任せて、一徹くんが乗っていくであろう波を眺めていよう♪と思っています。

お知らせなど | 【2016-11-29(Tue) 01:10:00】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]

「大事なお知らせ」

11/21、一徹くんのブログが更新されて、みんなのところに一徹くんからの「大事なお知らせ」が届きました。

Ittetsu Official Blog「大事なお知らせ」

2012年8月に業界初「専属男優」として活動するという驚きの発表があった時のドキドキ。
4年半経って、その専属から「卒業」するという報告を受けてのドキドキ。

わたし自身は、どちらかというと「専属」の発表の時の方が眠れなくなるぐらいの衝撃でした。
女性向けAVの中で主役をしている一徹くんはもちろん好きだけど、男性向けAVの中で、女優さんを引き立てる存在をきっちりこなす一徹くんも好きだったから。
演技力もあって、女優さんのいい表情も引き出せて、すごく活躍しているその場所が、SILK LABOだけになってしまうのはもったいないって思うのが正直なところでした。
でも、それは一徹くんが考えて選んだ道。だから応援しよう!ってところにたどり着くまでにちょっと時間が必要でした。

専属になってからの一徹くんは、最初は「のんびりしてます」と言ってたりしたけれど、作品出演とイベント以外にも活躍の場が増えて、雑誌やテレビや・・・NOTTVでは緊張しながらゲスト出演してたのがいつの間にか冠番組まで持つようになって。
潜在的に一徹くんを知っている女子って、実はすごくいっぱいいるんじゃないかと、Twitterを巡っていても思っています。
知っててもみんな恥ずかしいから言えないだけだよきっと(笑)

専属前は1年に1、2度会えるイベントがあるって感じだったのに、月に2度の定期的なイベントに加え、DVDイベントや、ランチデートや電話デートができる機会まで。
ファンが一徹くんと触れ合えるチャンスがこんなに増えるとは思いませんでした。
本当にありがたいことです。本来は、映像の中の人であって、一生話すこともできないはずの人だと思っていたから。
そして、普通に男優だったらこんなに毎日のように情報が入ってこなかったでしょう。
ロケの様子やいろんな表情を見ることは少なかったでしょう。
この4年半、一徹くんのいろんな面が見えて、すごくすごく身近な存在になりました。

今回「卒業」の言葉を見て、あんまり動揺しなかったのは、専属はいつか明けるものだと思ってたからかな。
当初のインタビューを見る限り、一徹くんは1年後にちゃんと男優として戻れるか少し不安だと言っていて、それは「戻る」と決めていたからだと思うし、専属中もずっと「エロメン」だけど根っこは「AV男優」だっていうポリシー持ってるような気がしていたので。

だから、専属卒業してからの一徹くんは、「引退するつもりではない」とブログでも言っているように、きっとまた男優としてのお仕事すると信じています。
4年半前の男優界とはちょっと環境変わってると思うけど・・・新しい世界を切り拓いた一徹くんですから、大丈夫。

もし、全く違う道を進もうという「野望」があるのだとしたら・・・それも一徹くんが考え抜いて決めた道。
静かに見守ることが応援になるのなら、そうします。


専属期間が明ける1月末まで、一徹くんには「専属男優」をめいっぱい楽しんでほしいです。
わたしも、そんな「専属の一徹くん」をいっぱい愛でて、心の花束いっぱいにして送り出したい。そう思います。

そうそう、滞っているこのブログの更新も、もうちょっとちゃんとしていきたいな。
SILK LABOの作品は、AMのコラムでさせていただいているので、こちらはそれ以外の作品を・・・
なかなか更新できず申し訳ありません<(_ _)>

未分類 | 【2016-11-23(Wed) 23:11:51】 | Trackback:(0) | Comments:(8) | [編集]

「One's Daily Life season3. -distance-」発売記念イベント@SHIBUYA TSUTAYA

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


イベント等 | 【2016-11-14(Mon) 13:34:30】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

「一徹フィルム」スペシャルイベント

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


イベント等 | 【2016-09-26(Mon) 22:53:34】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

コトバの処方箋スペシャルイベント

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


イベント等 | 【2016-07-16(Sat) 22:47:45】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

第2回AKNRトークイベントに行ってきました♪

※普段はイベントレポは限定公開記事にするのですが、今回は「第3回」が開催されることを願って、敢えて公開記事にします。
※一徹くんはイベントには一切登場しません。あしからず(笑)


一徹くんがSILK LABO専属になる前、まだファンになりたてのわたしに、周りのみんなが「AKNR(アキノリ)がいいよ♪」と教えてくれました。
もちろん男性向けで、女性ファン向けには作られていない作品たちだけど、夜這いやら、人の目を気にしながら、家族や彼女がいるのに…というハラハラするシチュエーションや、覗き見してるようなカメラワーク、そして実はとても小物に凝っているところ。
なんかツボるんです、AKNRの作品。

それに、たまにブログで撮影の様子や一徹くん含め男優さんたちのことも教えてくれるアキノリ監督。
監督の、女優さん・男優さんへの愛が感じられるステキなブログです。
最近は更新されてないけど、ぜひ覗いてみてください!

「AKNRの放送室」というニコ生を配信し始めて、ゆる~く楽しくわたしたちユーザーと交流を図ってくれる親しみやすさ。
一度、一徹くんに生電話かけて、放送中に折り返しかかってきたこともありました(´∀`*)
あの時は興奮したなぁ~、と懐かしい思い出です。

一徹くんが専属になって、AKNR×一徹も見られないんだなぁ~、と寂しく感じていたところ、SILK LABOからは「ラスト・グッバイ。」という作品で、そしてGirl's CHでは何本か「一徹×アキノリ」作品を出してくれました。
ホントにホントに嬉しかったなぁ\(^o^)/

そんなAKNR、今年10周年を迎え、2/20に10周年記念イベントが開催され、喜んで参加してきました~♪
どんなイベントだったかは・・・こちらをご覧ください。



そして、第2回が開催されることに♪
しかも今回は2部制で、第2部はアキノリ監督・スタッフさんたちとパーティーハウスでBBQ\(^o^)/
シルクイベと日程重なってたけど・・・シルクは申し込まずに、AKNRの方に行ってまいりました~(´∀`*)

第1部は、トークと、アキノリ監督と2ショットパケ撮影などなど。
パケ撮影とは、撮った写真をその場でまるでAKNR作品のパッケージのように印刷してくださるという素敵なサービス。
前回はステージ上でみなさんに見守られながらの撮影でしたが、今回はなんとついたてあり!
しかも、撮影後にふたりっきりのおしゃべりタイム♡
パケ撮影では、スタッフの棒太郎さんが何ポーズかつけてくださって、密着度ハンパないラブラブショットをパシャパシャ。
わたしは、座ってのバックハグ、アキノリさんのお膝に座らせてもらってムギュなやつ、そして最後に腕枕添い寝という、こっぱずかしさ満点で撮っていただきました♪
そのままついたてを閉じてふたりっきりになってもずっと腕枕で、まるでピロートーク(´∀`)
楽しい密着時間でございました<(_ _)>

前後しましたが、前半のトークがとても興味深かったのです。
実際に撮影で使っているカメラ(高性能なやつとハメ撮りに使うハンディカム)をモニターに繋いで、実際にその場の映像を見せながらの撮影の解説でした。
会場から抽選で2名ステージに上げ、その場でアキノリさんとKYOさんがドラマの1シーンを組み立てて、現場で撮影するのと同じように映していきます。
ちょうど男女のペア(赤の他人同士w)だったので、彼女がニューヨークに旅立つ→プロポーズ的なシーンとなりました。
男性の立ち位置を決めて、そこに歩いてINしてくる足だけを撮るショット。
彼の横顔越しの彼女の姿。
指輪をはめてあげる二人の手のアップ。
など、あとで編集で繋げる細かいショットも撮りつつ、セリフありのシーンも撮っていきます。
ふたりのやり取りも、ひとりずつセリフを言わせながら細かく細かく切って撮影し、たまに台本のセリフをその場で変えて演者に口で伝えて言ってもらう・・・
長回しはほとんどなさそうです。
アキノリさん曰く、「こんな感じなので、うちの撮影は夜中までかかります」とのこと。

また、ドラマじゃなくて絡みのシーンの撮影の解説もありました。
会場からファンの男性を一人ステージに上げて、KYOさんと疑似絡み(笑)
AKNRこだわりのカメラワークの例として、寝フェラの際に上になってる女優さんのワキ越しのショットを見せてくれました。
それから、ハメしろの撮影の仕方。
分かってはいたけれど、やっぱり男優さんも女優さんも大変(;´Д`)
アキノリさんも、「男優も女優も、ただキモチ良くセックスしてるんじゃなくて、こうやって大変な思いしてるんです」と言っていました。
さらに、AKNRの場合は絡みも度々止めてカメラワークにこだわる部分があるので、やっぱり大変らしいです。
それもこれも、ユーザーのフェチ心を満たすための演出。
そんな監督の指示に応える演者もすごいし、周りのスタッフさんたちのキビキビ動くところにも「さすが!」ととても感心しました。
監督が「じゃあ次は、バ・・・」って言いかけたら、KYOさんが「はい、バックですね!はい!」とササッとポーズを取り、カメラでハメしろ部分を疑似撮影し始めたら、棒太郎さんが照明持ってサッと入ってくる。
カッコいい\(^o^)/

疑似ハメ撮りはアキノリ×KYOさんカップル(爆)で。
アキノリさんが女優さん役のKYOさんにまず身長を訊きます。全身が入るように撮影するには、身長によってカメラの構える高さを変えるので、「170センチのKYOさんなら、正常位でハメながらだったらこの辺」、というのが感覚で分かってるそうです。職人だぁ!
バックだったらこういう角度から撮るとおしりがきれいに映る、とか、そういうポージングのコツも教えてもらいました。
すっごく参考になりました!
って、生かすとこないけど(笑)
さらにはわたし撮ることないけど(爆)

イベントの企画だけど、カメラを構えながらどんどんスイッチ入ってくる監督の姿がとてもかっこよかったです!

パケ撮影後のトークは、会場アンケートに基づいて質問に答える形で。
「勃起しますか?」っていう質問がやたら多かったです(笑)

そして、アキノリさん直々に買ってきてくださったというプレゼントじゃんけん大会!
いつもこういうので勝ったり、抽選で当たったことないわたしが、勝ちました\(^o^)/
アキノリさんも愛用している「カーリーコレクション」のとてもかわいいポーチをいただきました♪
「プレゼントもっとほしい!」の声に応えて、その時着ていたジェラピケのルームウェアを匂い付きのままプレゼントもしてました!
太っ腹\(^o^)/

イベントを一度お開きにした後は、のんびりとサインや2ショット撮影タイム。
ゆっくりとお話しながら、プレゼントでいただいたポーチの裏側と、前回買ったAKNRのサイン帳にサインをいただきました。
アキノリさん、なぜか「2016.7.9」を「2016.9.7」と書く、痛恨のミスw
うわーーーなんでだーーーと、とても悔しがっていらっしゃいました。
そして、前回観客として来ていた涼宮琴音ちゃんにサインをもらったと自慢したところ、そのかわいく色とりどりなサインを見て、
負けじと色とりどり、イラスト付きで書いてくれました(*´▽`*)

アキノリさんにお会いするのは、4回目。
最初は「ラスト・グッバイ。」発売直後のエムズにゲストで来られた時。
おそるおそる「みぃみぃと言います。Twitterでいつも絡んでスミマセン」とご挨拶したところ、
「あ!あなたがみぃみぃさん!僕も会いたかった」
と言ってくれた嬉しい初対面。

2回目は、ひびやん×AKNRで、愛知で添い寝イベントやると聞いて、遠征した時。
この時もおそるおそる「みぃみぃです」と名乗ろうとしたら、名乗る前に
「お!来たねぇ~!」
と言ってくれてズキュ~ンとしてしまったのでした←単純w

3回目はAKNR10周年記念イベ。

そして今回。
サインには☆を2つ書いてくれて、
「2回連続参加だから☆2つね。3回目がありますように!」
と、七夕の短冊を描いたアキノリさん。
きっとその願い、叶いますように♪



さて、いったん解散して、夜8時からはBBQもできるパーティーハウスにて第2部♪
こんなイベント初めてすぎて、どんな感じだろう?とドキドキしながら、不安になりながら会場に到着したら、
なんかふつ~におうちに上がる感じで会場に入れられてしまい、緊張とか不安とかどっか行っちゃいましたw

なんだこの、アットホームすぎる感じは?
と、不思議な感覚のまま、室内のスキヤキセットを調理してみたりしました(笑)
アキノリさんたちも、最初はおっかなびっくりでしたが、お酒が進んでくるとすっかりくつろぎモードで。
このイベントをイープラスで知って、よく分からないままチケット買って来てしまったという男性のお客さんたち(爆)も、スタッフさんやわたしたちと普通に会話をしはじめw

最初は写真とか遠慮してたんですが、アキノリさんが「撮り放題!」と言ったのを皮切りに、2ショットやら3ショットやら、いろいろ撮り放題になってきました♪
わたしは、アキノリさんとKYOさんと一緒に3ショットを撮ったり、アキノリさんとハグハグして撮ったり。
そして、ふと思いついて、「アキノリ監督による、KYOさんとの2ショット」を撮りたいと言ったら、あっさり「いいよ!」と
部屋の中のライティングや背景を見まわし始めた監督。
プロの目でした。酔っぱらってたけどw
そして・・・
「ダメだ、ここにはない!ラブホだ!」と冗談をw

なんだかんだ言いながら、KYOさんとわたしにポーズの指示出しをして、
・仲良しカップルの自撮り2ショット風
・壁ドンおでこごっつんこ
の2種類の写メを撮ってくださいました~♡
これが、さすがの監督。よく撮れていてとっても嬉しい貴重な体験となりました。
監督してたら自分もやりたくなっちゃった、と、アキノリさんとも
「お熱あるんじゃないの?」ポーズからの、壁ドンムギュ―な写真も撮りました。
(*´Д`)ハァハァ楽しかった!

その後、同年代男性の奥さんとのセックスレスの悩みを聞いたり、AKNRに来春入社予定の学生アルバイト君にAKNR作品でどれがオススメかを訊かれたり(笑)、かわいく酔っぱらってるアキノリさんの内股を後ろから堪能したり(爆)

楽しすぎる3時間強を過ごし、最後は「集合写真撮りましょう!」と言って、顔出しバージョンと顔隠しバージョンの2種の集合写真を撮りました。
イベントで集合写真っていままで撮ったことなかったから、新鮮でした\(^o^)/

別れ際にもアキノリさんと熱いハグを交わし、ハグ貯金満タンです。


そうそう、アキノリさんが一徹くんをなぜAKNR作品に呼んだか、そして何度も呼んだのかということを聞くことができました。
感無量です。

最初に呼ぶ前、「鈴木一徹」という、イケメンで人気のある男優があることを聞いて気になってた。
自分と同じ苗字だし、なんとなく勝手に似てるところがあるような気がして呼んでみた。
イケメンで調子に乗ってるやつとは違い、あいつは1シーン終わるたびにオレのとこに来て、正座で「アキノリさん、今のとこどうでした?どうしたらもっと良くなりますか?」って訊きに来る。
とにかくマジメ。だから次も呼んだ。

あとは、朝から夜遅くまで続く撮影で、女優さんがだんだん疲れてくる頃、夜中の12時入りでもあいつは来てくれる。
一徹が来ると、疲れてた女優のテンションが上がってやりやすい。
12時入りで朝の7時ぐらいまでやるんだけどね(笑)
で、あいつはその頃デビューものが多くて、大抵女優のデビュー絡みは朝撮るから、次の現場は朝9時だったり…
たぶん、こっちで7時まで撮影して仮眠取って次の現場に行っても、ダメだったかもね(笑)

などと語ってくれました。

正座で訊きに来るところ、アキノリさんが実演してくれました(´∀`*)
こうやって信頼されて現場に呼ばれて撮影して…
そんな作品を観ることができてうれしいな。

今、ちょうどDMM動画でAKNR作品がセール中です♪
この機会にぜひ!

と、宣伝で終わらせてみます(´∀`)


わたしはこれからもAKNRを応援していきます\(^o^)/
第3回イベントカモ━━━━щ(゚д゚щ)━━━━ン!!


イベント等 | 【2016-07-15(Fri) 00:25:15】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

津軽、美人。 聞き慣れないコトバで…

津軽、美人。 聞き慣れないコトバで…

「北の方」から上京して1ヶ月の「さらっさら」の新人女優さんの監督面接から初撮り、パケ写撮影からのロケ・・・を追うドキュメンタリーです。

事務所のマネージャーさんらしき人と一緒に監督のもとにやってきたゆいちゃん。
話す言葉のイントネーションが独特で、出身を訊くと「北の方から来ました」とのこと。
「津軽」って作品のどっかで言ってたかなぁ?面接シーンはさらっと流しちゃったから、聞き逃したかな?

エッチは好きで、ドMで、キスがすっごく好き。
これはアブノーマルだな、と思うセックスは、カーセックス。
保育士になりたくて、資格を取るために上京した。

とても純朴そうなんだけど、照れはなく淡々と話す彼女です。
面接後にカメラテストと称して、倉庫のような場所でカメラを回しながら服を脱いでもらい、ローターでオナニーしてもらうのも、
淡々とあっけらかんと。

いよいよ撮影日、一徹くんが既にオフィスに呼ばれていて、ゆいちゃんの面接資料に目を通しています。
「a○・anにも載った経験もあるイケメン男優 鈴木一徹」とテロップで紹介されてますw
2009年だから、初めて付録DVDに出た時だねぇ♪

「どうですか?」と監督に訊かれて、
「どうって・・・とても純朴そうで。肌がすっごいキレイなんですよね~」
と、当たり障りない感想を述べる一徹くん。
そこへ、「おはよーございまーす」と微妙に訛ったイントネーションでゆいちゃん登場。
一徹くんの隣に座らされ、「どーですか?」って監督が、今度はゆいちゃんに一徹くんの感想を求めるw
「かっこいいですね」
「a○・anにも出ちゃう人なんだよ」と監督
「ちょーっとだけ」と一徹くん
「へぇ~、すごいですね」とゆいちゃん。やっぱ淡々としてる(笑)

そして、あいさつもそこそこに、事務所の衣裳部屋(?)にあるベッドでさっそく撮影。
さっきの顔合わせの時とは全く違う表情の一徹くん(スイッチオン♡)が、ゆいちゃんをリードしながら、ラブラブなエッチを繰り広げます。
マイクのせいなのか、一徹くんの声がいっぱい拾われてて、キスの合間の「ん」っていう吐息?も余すとこなくいただけます(*´▽`*)
カメラワークも、女優さんだけじゃなくて一徹くんの姿もいっぱい映してくれてます。ずーっと優しくて柔らかい表情してるの。キュンキュンする!

徹「そっちの言葉で、ここのこと、なんて言うの?」
ゆ「たぶん・・・まんじゅう」

徹「今舐めてるのは、なんて言うの?」
ゆ「?・・・なんだっけ?・・・がんも」
徹「がんも好き?」
ゆ「どっち?おでんもがんもってある」
徹「こっちのがんも」

はい、みなさん、覚えましたね?
北の方のコトバで、おまんまんは「まんじゅう」、おちんちんは「がんも」です!φ(`д´)ココダイジ!

「がんも勃ってんのわかる?興奮してんの」
って吐息交じりに囁く一徹くんはなんだかカワイイですw

淡々としてるゆいちゃんですが、ゆいちゃんもスイッチが入るとすごーくエロくて色っぽい顔になります。
それでも急に騎乗位で「ここ(太もも)辛い」って言ってみたり「どうすればいいの?」って通常モードで質問したりして、一徹くんに「素直だね。カワイイ」って言われます。
うん、ゆいちゃんのそんなとこカワイイ♪

でもどっちかというと、「ガマンできない。キモチイイ・・・出ちゃいそうになっちゃった」って一徹くんが言うとこがやたらかわいすぎて、どっちが主役なのー状態www
「キモチイイ。出ちゃうよぉ~」とか、もう(*´Д`) あなたは女優さんですか(*´Д`)

無事初絡みを終えたゆいちゃんは、きれいにメイクされてパケ写撮影。
メイクで一気に都会風になった\(^o^)/

そしてホテルにて、きれいなメイクのままフェラ&パイズリ、そして監督とふたりで一緒にオナニー(変なのw


夜も更けた頃に、また呼ばれた一徹くん。朝と同じ格好でちょこんとベッドに腰掛けてる。
監督から、「あの子、都会的に非常にいい女に変身しましたよ」と報告を受け、+(0゚・∀・) + ワクテカ +
一徹くんが見ないようにしてるところへ、再登場して隣へ腰かけたゆいちゃんを、下からそーっと舐めるように見上げていって、
「おぉぉ!ドレス!おぉぉ!あ、方言はそのまんまなんだねw」


そして、なぜかふたりでルームサービスでお食事デート♡
「なんか照れるね」とか言いながらあ~んってしてあげて・・・
「チュウ、しちゃおっか」「うん」
って、テーブルを挟んで、二人のバックに高層ホテルからの夜景越しにチュウ♡
BGM&スローモーション(爆)なんだこの突然ロマンティックなシーンはwww
あいすれば~♪いいだろお~♪
・・・え?(笑)

パッとチャプターが切り替わると、またびっくりするような二人のお姿。
さっきまでのロマンティックさはどこへやら、ゆいちゃんはビキニ姿で一徹くんにソファーでM字開脚状態で拘束されてるところですwww
そういえばドMだと言ってたゆいちゃん、ちょっと中途半端なS徹くんに攻められますw

「どこをどうしてほしいのかちゃんと言って。言わないとやらない」
「まんじゅうキモチイイって言って」
「ちょっとしか触ってないのに、濡れてんのわかる?」

なんかこういうセリフ、最近どっかで聞いたよね?(*´Д`)ハァハァ

その後、電マで執拗にアソコを攻めたてます。
キモチイイのになかなかイケないゆいちゃんに、目隠しをして、
「周りのこと考えなくていいから、キモチいいことに集中して、いっぱいやらしい顔見せて」

と、そこへ、吉村卓さん登場!
卓さんは、キモメン男優の象徴のような、とにかくベロベロと舐めまくる愛撫がトレードマークの、ベテラン男優さんです。
電マ&手マン職人と化している一徹くんの横をすり抜け、後ろからおっぱいを揉み始めます。
二人でおっぱいを舐め始めて、ちょっと「あれ?」ってなってるゆいちゃんに、卓さんが激しいベロチュウしながら、一徹くんになにやら目配せ。
一徹くんはそれを受けて、
「キモチイイ?もっとしていい?」
「(よだれ)んめーか?んめが?」(爆)
などと、ニヤニヤしながら優しく囁きかけます。
そんな中、激しくクンニする卓さんw
とうとう目隠しを取っても、ゆいちゃんはあんまり驚かず、キモチよさに身を任せてて・・・
卓さんが「どうだいこの手マン?」と不気味に訊いても「んぎもちぃぃ~」ってなってるゆいちゃんの横で一徹くん、口をとがらせる。

「ゆいちゃぁん・・・キモチよかったら、何でもいいの?」
「さっきまでオレとすっごくいい雰囲気だと思ったのに・・・」

うなずくゆいちゃんに、
「わかった。じゃあオレもがんばる」

卓さんに奪われたゆいちゃんを悔しそうに眺めながら、ズボンに手を入れる一徹くんやら・・・
キモチ良くなってるゆいちゃんをじっと上からのぞき込む一徹くんやら・・・
「うそだろ・・・今オレがしゃぶってもらおうと思ったのに・・・」とつぶやいてパンツ脱ぐ一徹くんやら・・・
卓さんが挿入するところを、自分の「一徹」を触りながらじっと眺めてる一徹くんやら・・・
卓さんから奪い返して、「夜景見るかい?」と若干卓さん口調がうつってる一徹くんやら・・・
卓さんの言動に、背中でこっそり笑っちゃってる一徹くんとか・・・
「おじさんのなまがんも」と言うべきところ「おじさんのなまがんぼ」って噛んじゃう一徹くんやら・・・
ハメしろとゆいちゃんの顔を交互に見つめ続けたうえに、騎乗位中のゆいちゃんのお尻を凝視する一徹くんやら・・・
素っ裸でしゃがんで「ゆいちゃん?」ってのぞき込む一徹くんやら・・・

なんすか、このカワイイ生き物はΣ(゚∀゚ノ)ノ

対照的に、キモさ全開(褒めてますw)の卓さんの囁きかけやテクニックもここは見どころw
「おっさんのがんもどうだー」
「おじさんの顔もペロペロして」
そして、体位「ヨシムラ」も見れますよ。騎乗位の状態で女優さんの足首を掴んで開脚させて下から突き上げるやつです。必見(?)

3Pいろいろ見てきましたが、こんなに男優さんたちの表情や控えてる時の姿まで映す作品はなかったです。
さらに、終わった後に3人集合して「キモチ良かったからいっか♪」からのエンディングBGM~♪
なんだか壮大なドキュメンタリードラマのエンディングのようでしたw

ところで、タイトルの「聞き慣れないコトバ」。

「まんじゅう」
「がんも」

以上!
笑!






ワープエンタテインメント | 【2016-04-28(Thu) 23:54:10】 | Trackback:(0) | Comments:(6) | [編集]

Copyright © ピンクなココロ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。