FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

最高の愛人と、最高の中出し性交。17

最高の愛人と、最高の中出し性交。17

愛人ルナとその不倫相手がメインキャストです。
ナレーションや説明なく、車内で何気ない会話をしているところから始まるこの作品は、わざとらしさがなく、不倫関係の淫靡な雰囲気もずっと漂っていて、プライベートを覗き見しているようで、好きです。

おつきあいが始まってちょうど半年という記念日で、ホテルに宿泊してシャンパンを開けた二人は、もちろんこれからセックスする準備万端なわけで、ルナはセクシーなランジェリーを着けさせられてその上にバスローブをまとっています。

カンパイして、とりとめのない会話の中で、彼から自分の性癖についてのカミングアウトがあります。
「ルナが俺じゃない別の奴に抱かれて、どんな顔をしてどんな声を上げて感じるのかが見たい」
それを聞いたルナは、
「意味は分かるけど、分からない」
と戸惑いの表情。
でも、彼は記念日という今日にそれを用意してきていました。
「とにかく、会って話するだけ」と、誰かを呼び出します。

現れたのが、後輩の「鈴木」という男。これが一徹くんです。
ダメージジーンズにダウンジャケットという、なんともカジュアルないでたち(笑)
ソファーでさっそくルナの隣に腰掛けて、「うわぁ…いいな」と、ヤる気まんまん。
ルナはドン引きです。
初対面の男性を前に、セクシーな下着1枚の上にバスローブという姿。
でも、彼はこの男を相手にセックスしているところが見たいと言う・・・

踏ん切りのつかない彼女を見かねて、まずは彼がルナを胸を揉みながらキスします。
それを「いいなぁ・・・」と見ていた一徹くんも、「いいですか?」と胸を触り始める。そしてキス。
「やじゃなかったら、続けるけど」という言葉に「う~ん、ヤ…じゃない…」という彼女の言葉を受けて、今度はガバッとキス。

彼と一徹くんの共同作業で、ルナの恥ずかしい&嫌だという気持ちを少しずつ少しずつ、思い通りにしていきます。
最初はたびたび彼の方を困った顔して見ていたルナが、だんだんと一徹くんとのセックスに感じて没頭していきます。

「先輩にはいつも、ここどうやって気持ち良くしてもらってるの?」って訊いてみたら
「激しくしてもらってるの」と答えるルナだけど、
「でも、激しくなくて、まったりされるのはどうですか?」と自分スタイルを貫いてみる一徹くん。

とっても気持ち良くされてしまって、自ら「入れてください」と懇願するほどに。
そういう姿をカメラを構えながらずっと嬉しそうに見ている彼と、そういうシチュエーションを存分に楽しんでいる一徹くん。
たまに彼がフレームインしてきて、舐めさせてみたりはするけれど、セックス自体は一徹くんとルナで進んでいきます。

事後、フレームアウトした一徹くんから「ごめんね、顔にかけちゃって」と言葉がけと、ティッシュを渡してあげる。
そして、先輩から「よかったらシャワー浴びて」と言われて「じゃ、お言葉に甘えて」といなくなるところで、一徹くんの出番は終わりです。

まだ後輩は同じ部屋にいるけれど、不倫な二人は改めてセックス始まります。
寝取られた後の二人のセックス・・・燃え燃えです。


基本ハメ撮りスタイルなので、プライベート感溢れているのと、登場人物みんなが演技演技してなくて自然なので、とても見やすくて良い作品でした。
男性二人とも目モザだけど、一徹くんの表情は、妄想力&透視力でほとんど手に取るようにわかります♪
一徹くんらしさもあり、ちょっとチャラさもあり、でも先輩を立てる言動あり。
らしくて、いい役どころでした。




プレステージ | 【2017-11-28(Tue) 15:58:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ピンクなココロ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。