FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

働く痴女系お姉さん vol.07 吉川蓮

タイトル】働く痴女系お姉さん vol.07 吉川蓮

一徹くんは最後の「CA」のチャプターに出演。
蓮ちゃんのセンパイCAで、「相談がある」とホテルの部屋に呼び出されてノコノコとやって来るのです。

蓮ちゃんはハナから相談する気などなく、シャンパンとフルーツを用意し、やってきたセンパイに「とにかくカンパイしましょ」と言ってシャンパンをグラスに注ぎます。
「相談を聞きに来た」テイのセンパイは、なんだか様子の違う蓮ちゃんを警戒しつつもカンパイして、フルーツを勧められたと思ったら、チェリーを口移しされ小パニック笑
完全に雌ヒョウの手中に。

シャンパンも口移しで飲まされて、「私にも飲ませてください」と言われるがままに口移しさせられ、あれよあれよとボタンを外されていく・・・

このまま悶徹&オド徹で行くのかと思ったけど、ある瞬間にガバッと♡
こういう「オトコ」を感じさせる場面、女子にはたまりません。男性ユーザーにとってはどうなのかはよく知らないけど・・・笑

攻めたり攻められたりしながら、でも、あんなに積極的に上から攻めていた蓮ちゃんをどんどんキモチ良く、腰砕けにしていく様は、なんというか、プロレスでひとつずつ技が決まっていくような快感すら覚えます。

クンニでイカせて、手マンでイカせて、それでもなおイカせ続ける・・・
「もうダメ~」って強気な女の子が言って悶えてるのって、好き。
そうさせている一徹くんが、好き。

表情もよく映るし、手指もよく映るし、蓮ちゃんの表情や状態をとてもよく見ている一徹くんをすごく感じる作品でした。
悶徹も攻徹もお好きな方に、ちょうど良いバランスです。




プレステージ | 【2018-01-05(Fri) 00:33:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

裏・鈴村あいり-鈴村あいりのオトナの激情SEX4本番

裏・鈴村あいり-鈴村あいりのオトナの激情SEX4本番

サンプル画像見て「スイカみたい」と思ってしまった作品ですが、実際見たら、一徹くんの緑チェックのシャツとあいりちゃんの赤いドレスでやっぱりスイカのようでした笑

という感想はさておき、この作品は、あいりちゃんが官能小説を朗読し、その情景を映像化している、というものです。
一徹くんの出演は、シングルズバーで出会った男女が、店内の個室でコッソリとセックスするというシーンです。

なかなか声をかけられずにいる純朴そうな男が、あいりちゃんの誘うような手つきと目つきにやっと声をかけて来て、たわいのない話をし、個室に誘う…というところまではあいりちゃんのたどたどしい朗読で説明されます。
この場面の一徹くんの純朴青年っぷりが、あまりにも純朴そうすぎて(笑)
お酒のグラスを両手持ちしてる人なんて、そうそういない。

さて、「なにもされないかしら」とか牽制したわりに、個室に入ると自ら馬乗りになってキスしてきたセクシーなあいりちゃん。
びっくりしてキョドり、積極的な攻めについつい声が出る一徹くんが見ものです。

形勢逆転して、あいりちゃんを攻める段になると、それまでの純朴青年っぷりはどこへ。
イッてもやめない愛撫に、あいりちゃん、息も絶え絶え…大好きこういうの♡

しかし、それまでかなり声出てたと思うけど、急に口を押さえる一徹くんに、こっちがびっくり。
もう今さらだし、ここってそういうためのお店なんじゃないのかしら笑

着衣のままコトが進むので、スイカ感が最後まで拭えないのと、朗読がどうもムーディーじゃないという難点?はあるけれど、
セックスは好きなやつでした。一徹くんの表情もたくさん映るので、見ごたえあります。




プレステージ | 【2017-11-28(Tue) 16:48:30】 | Trackback:(0) | Comments:(3) | [編集]

最高の愛人と、最高の中出し性交。17

最高の愛人と、最高の中出し性交。17

愛人ルナとその不倫相手がメインキャストです。
ナレーションや説明なく、車内で何気ない会話をしているところから始まるこの作品は、わざとらしさがなく、不倫関係の淫靡な雰囲気もずっと漂っていて、プライベートを覗き見しているようで、好きです。

おつきあいが始まってちょうど半年という記念日で、ホテルに宿泊してシャンパンを開けた二人は、もちろんこれからセックスする準備万端なわけで、ルナはセクシーなランジェリーを着けさせられてその上にバスローブをまとっています。

カンパイして、とりとめのない会話の中で、彼から自分の性癖についてのカミングアウトがあります。
「ルナが俺じゃない別の奴に抱かれて、どんな顔をしてどんな声を上げて感じるのかが見たい」
それを聞いたルナは、
「意味は分かるけど、分からない」
と戸惑いの表情。
でも、彼は記念日という今日にそれを用意してきていました。
「とにかく、会って話するだけ」と、誰かを呼び出します。

現れたのが、後輩の「鈴木」という男。これが一徹くんです。
ダメージジーンズにダウンジャケットという、なんともカジュアルないでたち(笑)
ソファーでさっそくルナの隣に腰掛けて、「うわぁ…いいな」と、ヤる気まんまん。
ルナはドン引きです。
初対面の男性を前に、セクシーな下着1枚の上にバスローブという姿。
でも、彼はこの男を相手にセックスしているところが見たいと言う・・・

踏ん切りのつかない彼女を見かねて、まずは彼がルナを胸を揉みながらキスします。
それを「いいなぁ・・・」と見ていた一徹くんも、「いいですか?」と胸を触り始める。そしてキス。
「やじゃなかったら、続けるけど」という言葉に「う~ん、ヤ…じゃない…」という彼女の言葉を受けて、今度はガバッとキス。

彼と一徹くんの共同作業で、ルナの恥ずかしい&嫌だという気持ちを少しずつ少しずつ、思い通りにしていきます。
最初はたびたび彼の方を困った顔して見ていたルナが、だんだんと一徹くんとのセックスに感じて没頭していきます。

「先輩にはいつも、ここどうやって気持ち良くしてもらってるの?」って訊いてみたら
「激しくしてもらってるの」と答えるルナだけど、
「でも、激しくなくて、まったりされるのはどうですか?」と自分スタイルを貫いてみる一徹くん。

とっても気持ち良くされてしまって、自ら「入れてください」と懇願するほどに。
そういう姿をカメラを構えながらずっと嬉しそうに見ている彼と、そういうシチュエーションを存分に楽しんでいる一徹くん。
たまに彼がフレームインしてきて、舐めさせてみたりはするけれど、セックス自体は一徹くんとルナで進んでいきます。

事後、フレームアウトした一徹くんから「ごめんね、顔にかけちゃって」と言葉がけと、ティッシュを渡してあげる。
そして、先輩から「よかったらシャワー浴びて」と言われて「じゃ、お言葉に甘えて」といなくなるところで、一徹くんの出番は終わりです。

まだ後輩は同じ部屋にいるけれど、不倫な二人は改めてセックス始まります。
寝取られた後の二人のセックス・・・燃え燃えです。


基本ハメ撮りスタイルなので、プライベート感溢れているのと、登場人物みんなが演技演技してなくて自然なので、とても見やすくて良い作品でした。
男性二人とも目モザだけど、一徹くんの表情は、妄想力&透視力でほとんど手に取るようにわかります♪
一徹くんらしさもあり、ちょっとチャラさもあり、でも先輩を立てる言動あり。
らしくて、いい役どころでした。




プレステージ | 【2017-11-28(Tue) 15:58:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

加藤リナと藤澤美羽がイク!! いやん♡旅行

加藤リナと藤澤美羽がイク!! いやん◆旅行

いつもがんばってる加藤リナちゃんと藤澤美羽ちゃんを慰安するため温泉旅行、と称して「いあん」じゃなくて「いやん」ですよ、という作品(笑)
「温泉旅行わーいわーい♪」ってはしゃいで温泉に入ってるふたりのところへ、なぜか入ってくる男優さん二人。
小田切さんと一徹くんが全裸で乱入です。
片足入って、「あっつーーーっっ!」って飛び出る一徹くん(爆)
「えーーーなんでいるんですか?」ってちょっと不満そうなリナちゃんと美羽ちゃんにタネ明かしをしつつ、でも好きなようにハメ撮りしてもらおうという趣旨を監督さんがお話して一件落着。

一徹くんは、美羽ちゃんとラブラブ担当です。
部屋で浴衣姿のふたり、カップルみたいにまったりラブラブします。
ハメ撮りが久しぶりという美羽ちゃんに、普通の撮影とハメ撮りどっちが好きか聞いてみたり、
「なんでも自由にやっていいってことだから、えっちをするのは確定だけど、あとは美羽ちゃんのリクエスト」
と言ってみたら、美羽ちゃんはまったりしたいと。
ということで、ジュースでカンパイしてまったりしてみたり。(カンパイをどっちが下手にするかでじゃんけんとか笑)
おまんじゅう食べてみたり。
すぐえっちな発想することを、一徹くんが「ごめんね。病気だよね」って謝ってみたり。
「彼氏じゃないけど、彼氏と温泉行ったら何したい?」って聞いてみたけども思いつかない美羽ちゃんに、
「じゃあ俺いい?」ってワクテカしながら
「お風呂!一緒に入るのが好きなのよー」って、カメラ置きっぱなしで行っちゃうし(爆)

ハメ撮り好きと公言してる一徹くん、この作品とても楽しそうで、カメラワークがあまりよろしくありませんwww

お風呂でラブラブして出てきたら、さっそく「ガマンできないや」って囁いてえっちに突入。
「美羽ちゃんの夢っていうより、俺の夢みたいになっちゃってる」ってちょいと反省してみる一徹くんに、
「好き勝手リードしてもらう方が好き」と美羽ちゃんのフォロー。ええ子や♡

えっちは普通にラブラブえっち。体位も、正常位と騎乗位ぐらいなもので、一徹くんが大好きという密着正常位も長めです。
しかし、カメラにあまり収まってないというwww
騎乗位の時は美羽ちゃんが気持ちよくてカメラを忘れがちになるのを、一生懸命カメラ向いてもらおうとする一徹くんのプロ男優魂が見てとれたり、
フィニッシュ前には美羽ちゃんの表情と結合部と両方カメラに収めようと苦心した跡が見てとれたり、
フィニッシュの時に外すゴムがしっかりびよーんと写ってて「あっ♡」って思ったり・・・ってわたしは何を見ているんだか(爆)

お鼻とお口の辺りにフィニッシュしたら、まさかのティッシュが近くにない事件。
美羽ちゃんにカメラを任せて、遠くまで取りに行く一徹くんでした。

美羽ちゃんの最後のうっとりした顔が気持ちよさを物語ってて、お部屋の雰囲気もいいし、お部屋の露天風呂もほどほどに狭くていいなぁ~って、温泉いやん旅行したくなる作品でした♡
そうそう、ハメ撮りだから一徹くんの声も近いし(しかも終始ささやき声♡)、まったり楽しむのにいい作品です。










プレステージ | 【2015-02-04(Wed) 23:43:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

四六時中ひとり占め 2

四六時中ひとり占め 2

普通の(?)カップルの、部屋でのえっちなどを全編ハメ撮りでお送りする作品ですw
普通じゃないな。変態バカップルだな←

せまーい彼の部屋で彼女のまみるちゃんが寝てるとこ、指でさわさわしたり、えんぴつでツンツンしたり、なぜか孫の手使っていたずらしたり・・・
さらに、氷で乳首つんつんしたり、アソコをつんつんしたり・・・絶対ヒヤッッってするってー!
なのに、全然起きないまみるちゃん。
やっと起きても眠そうw ほわんとしてる彼女のようです。
「おはよう。やっと起きたー。全然起きないんだもん。ね、えっちしよ♪」
って一徹くんは、彼女がかわいくてしょうがない感じ。
まみるちゃんは、パンツまで脱がされてることにも驚かないの。普段からこういうカップルなのかもしれません。
氷でのイタズラが、「冷たいけど気持ちよかった」というまみるちゃんの言葉に、
一徹くんは自分もやってもらおうと氷を渡して自分は寝っころがりますが、いきなり乳首に氷を当てられて、
ビクゥッッッ
ってなる一徹くんの体と、「ほぉっう!」っていう変な声www
その後も、すんごいビクビクしながら、氷を使っていろいろしてもらいます。女の子よりビクビクしてますけどwww
それでもアチラの方は縮こまらないのね・・・φ(゚Д゚ )フムフム…
ハメ撮りなので、あんまり一徹くんの顔は映りませんが、密着正常位の時の横顔が非常にグッときました(*´Д`)ハァハァ

続いては、彼女の部屋に迎えに来た様子の一徹くん。
ちょっと外で待たされて、「おまたせー」って出てきた彼女に
「おそいー!ごめんなさいのチュウは?」
とせがむ。
「あんまりごめんなさいって思ってない。誠意が伝わらなかった」
とか、わざと厳しくしてみたり。
そのあとの頭なでなでがカワイイです。
もうすぐにえっちしたくて、彼女の部屋に入ろうとするのに、まみるちゃん
「ダメダメ。今友達来てて」
って、その友達置いて、彼氏と出かけちゃんだwww
で、頑なに部屋に入れてもらえなくって悶々しちゃった一徹くんは、その寮?アパート?(なんかすんごい古いの)の、共同トイレ(洗面所って書いてある)に誘って、個室でフェラしてもらうの。
個室も、和式トイレという古くささ。
しかも、途中人が来て用を足してる音がしたりとか・・・
でも無事発射してスッキリしたのかと思いきや・・・
「やっぱえっちしたい。だから俺んちいこ♪」
ってなるのでしたw

さて、一徹くんの部屋に来たふたりはラブラブな感じでチュウしたり・・・
そしたら、一徹くん、引き出しから何か出して
「はい、これ。これに着替えて♪」
って、なにやらスポーティーなウェアを。
着替えてみたまみるちゃん、
「なんか、卓球みたいだね?」(爆)
「いや、バドミントンじゃない?」←一徹くん。さすが卓球じゃないというとこに詳しいwww
そのままえっちに突入かと思ったら、キスとかしていい感じになってきたところで
「俺、シャワー浴びてくるね」
とまみるちゃんを置き去り。
漫画読んだりして待ってたまみるちゃんですが、耐えられなくなったのか、オナニー始めちゃいます。
さらに、慣れた感じで引き出しからローター取り出して。
このカップルの間では、そういうのふつーみたいwww

そこへ戻ってきた一徹くん
「(笑)なにやってんの?」
「待ちきれなかった・・・」とまみるちゃん。
「ちょっとお。待ちきれなかったじゃないよぉ」といってまみるちゃんの近くに寄って、
「ガマンできなかったの?」って、まるで子どもに言うような口調で言って、頭をポンポン。
変な状況だけど、ここ、めっちゃキュンキュンしますw
そのままローターでのオナニーを続けさせて、自分も触ったり舐めたりしてあげます。
「もうイキそうだよ・・・」という彼女にかぶせるように
「ダメまだ早い!」と言いながらも攻める。そして、イキそうになったらローター取り上げて、電マを取り出してくる一徹くん。
イクのお預けにしながら、何度もイキそうになったら止める、を繰り返す。
こういうタイプのSも、嫌いじゃないです←
「イキたい?どうしよっかなぁ~」
「イカせて。イカせてください」
「ん?聞こえな~い」
イジワル徹w
一旦イったら、今度は止めない。
「だってイキたかったんでしょ?」ってずっと電マで攻め続ける。彼女の脚を自分の足で押さえて。
「なんか漏れてる!」ってちょっと焦り気味な一徹くんの声にウケますwww

イキ続けて疲れちゃったまみるちゃんをちょっと休ませたあとは、薄いピンクの水着にきがえさせて、手枷して、さるぐつわ(ギャグボールっていうらしい)を付けて、膝を曲げさせた状態でテープで止める、というソフトを越えたSM拘束プレイ。
これを嫌がらないって、相当このカップルは変態だと認定←
しかも、乳首やお股のとこをハサミで切ったり、そのままローター入れたり。
ギャグボールで口塞がれてしゃべれないのに、「気持ちいい」って何回も言わせたがる一徹くん。
お尻をペチペチ叩いたりもします。
一徹くんはここまで終始優しいけど、このプレイの途中、急に厳しく
「もっと!もっと声出せよ!」と命令口調になったりするんです(*´д`*)
まみるちゃんがぐしょぐしょのボロボロになっていきます・・・
それでもさらに水着の上からのローションプレイで攻めまくる。
最後の方はふたりともヘトヘトな感じ。
最初の方のまみるちゃんと顔も全然変わってる気がする。
一徹くん、盛大にお顔の向こうに飛ばしてのおーわり~\(^o^)/

変態バカップルの日常って感じですかねぇ。
おつかれさまでした。


一徹くんの服装:ジーパン・ベージュのタンクトップ・緑色のタンクトップ・青地に白いゴムと62番のパンツ








プレステージ | 【2015-01-16(Fri) 13:47:46】 | Trackback:(0) | Comments:(3) | [編集]

Copyright © ピンクなココロ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。