FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

舞台「娼年」

2016年の夏、「娼年」の舞台を観に行きました。
その時途中まで感想を書いていたのですが、完成に至らず・・・この度の映画化に寄せて、改めて記事を完成させることにしました。
物語のネタバレも若干含みますので、映画を観る前にこの先を読むかどうかは、お任せします。





2012年の一徹くんのこのツイをきっかけに読んだ小説「娼年」。
人生の目標もなく、ただ日々を生きているだけだった大学生が、ある女性に見いだされて、いわゆる「男娼(娼夫)」になるお話し。
体を売るという行為はさておき、リョウは仕事で出逢う女性の様々な欲望に、優しく丁寧に親身になって自分のカラダと言葉を使って応えていくのです。

読みながら、自然とわたしはリョウと一徹くんを重ね合わせていました。
リョウはもうちょっと影のある感じだけど、どんな女性に対しても真摯に自分をさらけ出せるように導いていく言動と、女性を性的に花開かせるオーラを持っているところ、それでいて自然体なところ。
セックスの描写も何度も出てきますが、その場面の映像は、一徹くんのイメージで容易に想像することができました。

きっとこの本を一徹くんにプレゼントした方も、リョウと一徹くんに通じるものがあると思ったからなんじゃないかなぁ?と思いました。

ドラマ化も映画化もなかなか難しいだろうなぁ~と思ってたこの「娼年」がなんと舞台化されるという情報が入って来て、
しかも、主役のリョウは松坂桃李くんが演じるというのです。
この情報は、一徹くんもツイしてましたねぇ~。

チケットの一般発売日をうっかり忘れてしまって、慌てて探したら、唯一「ホリプロオンライン」でのみまだ扱いがありました。
しかし、土日はとっくに売り切れ。
平日昼間なら、息子をちょっと留守番させればなんとかなるか・・・と、夏休み明けの平日のチャレンジです。


当日。
東京芸術劇場プレイハウスは、とても上品な劇場でした。
こういうところでの観劇って、ちょっと身も心もきゅっと引き締まります。

チケット取ったのが遅かったので、2階の舞台向かって左の最後列でした。
でも、ここからだと舞台を見下ろす感じで、全体が見れます。

舞台は3層になっていて、
一番下の層:一番大きなステージ。真ん中に大きなベッド
二番目の層:リョウがバイトするBAR・静香の自宅兼オフィス
三番目の層:舞台としてはなく、リョウが登場する場所であり、母が消えていった場所であり
そして、舞台の両脇はリョウが客を相手にする地名と風景を映し出すスクリーンです。


舞台は小さい男の子がベッドで寝ているところから始まります。
幼少期のリョウです。
寝ている息子に優しい声をかけ、すぐ帰って来るからいい子でお留守番してるのよ、ときれいに身支度整えた母が家を出ていくシーンです。
母は、息子が少し寂しそうに見守る中、舞台真ん中の階段を最上部までゆっくり上って消えていきます・・・
これがリョウが母を見た最後の記憶になるのです。

大学生になったリョウは、大学にはろくに行かず、BARでバイトをし、授業のノートは女友達の恵が持って来てくれるという、人生には特に目標もない淡々とした日々を送っています。
そこへ、ホストまがいの友人が連れてきた大人の女性、静香。
「あなたのセックスの値段を知りたくない?」と言われ、リョウは静香の自宅についていきます。セックスの値段を見てもらうために。

てっきり静香を抱いてその価値を測られるのだと思っていたリョウですが、実際は、ろうあ者の少女咲良を、静香の見ている前で抱く、ということなのでした。
人前でのセックスに一旦は躊躇するものの、リョウは無我夢中で咲良を相手に自分なりのセックスをします。

これが舞台上での初めてのセックスシーンなのですが、まずは、とにかく驚愕でした。
照明が落ちてシルエットになるでもなく、
薄いカーテンや天蓋がかかってぼやかされるわけでもなく、
シーツにくるまれた中で演じるわけでもなく・・・。

そこには、生身の男女が、肌を重ねて、音が立つほど激しく唇を重ねて、胸を揉み、股間に手を伸ばしてパンツの中にも手を入れ、パンツも脱ぎ、ひとつになるという、セックスそのものを見せる衝撃の場面がありました。
もちろん、本当にはしていないでしょう。
たぶん、局部は見えない処理がしてあるでしょう。
でも、女優さんのおっぱいもおしりも、桃李くんのおしりも、隠されることなく露出されていました。
また、ドラマや映画のように「ステキにキレイに」演出されているのでもなく、リョウという男性の不器用さも、咲良がだんだんと気持ち良くなって喘ぐ声も「生身」でした。
コンドームを付ける動作も、発射後にパチンと外す動作も。

大勢の観客が、目の前で起こっていることを、固唾を飲んで見守るセックスシーン。
映画館でベッドシーンを観るのともまた違った感覚です。
まずこの場面で「ここまでか!」という洗礼を受ける感覚でした。


静香は「不合格」とするも、咲良が「合格」としたので、リョウは静香の経営するボーイズクラブに所属することになりました。
静香が見立てたスーツを身に着け、予約客との待ち合わせ場所に行き、客の要望に応えます。

リョウが出会う女性たちは、それぞれにいろいろ抱えていて、それでもリョウと体を合わせることによって心が癒されたり、欲望が満たされたり・・・
舞台の上では、上記のように露出度の高いセックスシーンが何度も演じられます。
ちょっと笑ってしまったのは、ある場面で射精がベッドを越えてあっちまで飛んだのが見えたことです。もちろん疑似でしょうし、演出なのですが。
AVを見慣れているわたしは大いに笑えたのですが、高尚な舞台を観に来ているはずの観客席は「ここ笑っていいのかしら私…」的空気に包まれていました(笑)

小説で読んで頭の中で映像化した物語がひとつずつ、舞台という場所で演じられていくことに、わたしは官能とは違う興奮を味わっていました。
舞台ってとても限られた空間なのに、とても広がりを感じましたし、場面転換などの違和感もなく、「舞台」という場所をかえって有効に使っていました。

リョウは、顧客である女性たちにとっては癒しの天使のような存在だと、小説を読んでいても思ったのですが、仕事に向かうリョウは、必ず舞台の第三層目の空間から、長い階段をゆったりと歩いて待ち合わせの場所である第一層に降りていきます。
第三層は、冒頭の場面でリョウの母が消えていった場所でもある、いわば天国。
リョウは、第一層の現実世界に、天国からの階段を使って降りて来る使者なのだと、舞台上でも示されていたのではないかな~と思います。

生きることに無気力だった青年が、悩める女性たちにセックスを施すことによって生きがいや愛を得ていく物語ですが、全編通してもの悲しく、けっして明るくありません。
「生」と「性」のテーマの中に、常に「死」というテーマも含まれていました。
観劇後、ずっとその世界観の中に心を持っていかれているような、ふと気づけば舞台で観た場面を反芻しているような。
観劇してから2年弱経っているわけですが、鮮明に思い出せます。

この度の映画化、舞台以上に小説の世界をイメージ通りに映像化されているのではないかと期待しています。
舞台上での体当たりもすごかったですが、映画での体当たりのセックスシーンも、どうなっているのか・・・公開を心待ちに、また小説も読み返そうと思います。



一徹くん以外 | 【2018-03-10(Sat) 00:27:13】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]

VIVID CONTACT -The just-

舞台「Changing」で一徹くんが共演した柏進さん。
わたしにとっては、お初でしたが、舞台の上の柏さんのどっしり感と迫力と、日々のTwitterやブログで見せる役者魂溢れる言葉と、ところどころに漏れる可愛さ(失礼)に、とてもとても気になってしまいまして。
Changing終わってしばらく経ってもどうしても、年明けの柏さんの舞台を観に行きたくなって・・・
クリスマス頃に決めました。

WATARoom produce 「VIVID CONTACT -The just-」

どんなお芝居なのか、はっきり言ってまったくわからないまま・・・なんとなく・・・どうも柏さんは女装?するらしい?ぐらいな感じで。

一徹くんもNBのみんなとカニリカさんと一緒に観に行ってましたね!
一徹くんからの感想はなかったけど(笑)、NBメンバーやカニリカさんがとても楽しかったと口々につぶやいたりブログに書いたりしてるのを見て、本当に楽しみになりました。


わたしは1月11日(最終日)の昼の部に観に行きました。
席は後ろの方だったけど、勾配のある劇場だったので、結構見やすくてよかったです!

劇場「中野ザ・ポケット」は、中野駅南口(サンプラザとは逆)の、路地をくねくね入っていったところにあります。
路地沿いには、ちょっと楽しそうなちっちゃな雑貨店や、こじんまりとしたレストランや居酒屋があって・・・わくわく。
結局どこにも寄らなかったけど・・・
わたしは大学が中央線沿線で、西東京のあの感じ、とても懐かしくて♡

話が逸れておりますがw
「ビビコン」のあらすじをかるーく。

舞台はあるホテルのロビー。
ホテルを訪れる客たちと、ベルボーイふたりの織り成す日常のドラマ、って感じかな?
ロビーには、大きな絵が飾ってあって。
↑ビビコンのページににある、観覧車の絵です。

キャストは男性9名ですが、なんと3名以外は全員女装で女性の役をこなします。
これが、最初は「女装だー!」って思って見るのに、だんだんと女装だと感じなくなってくる。
登場人物のキャラクターそのものがにじみ出てくる不思議です。
「Changing」で怖いガテン系のお父さんを演じた柏さん・・・「ビビコン」ではなんとギャルです!
登場した時には目を疑いました。
金髪の、何が起こってもキャッキャ笑う、「ちょーマジウケるんですけどーwww」とか連発する、ギャル「マリカ」です。
歩き方からしてギャル。
びっくりです。

その他、
太田基裕さんは、ツアーコンダクター「吉岡」



キングコングの梶原さんと、四大海さんは、関西から東京に観光旅行に来たオバサン「はーちゃん」「まーちゃん」
ツアコンの吉岡を振り回しますw



井深克彦さんは、ちょっと頭の弱い(?)可愛らしい女の子。
森屋正太郎さん演じる売れない俳優に騙されながら愛人やってます。





曽世海司さんは、バリバリのキャリアウーマン。全くタイプの違うはずのマリカと突然お友達になります。



ベルボーイは加藤良輔さんと、米原幸佑さんです。





雰囲気だけですが、こんな感じ。
それぞれ、人生に多かれ少なかれ何かを抱えていて、ロビーの絵の見方も違う。
最初はバラバラだった登場人物の人間関係が、少しずつギュッと濃縮されていって、それぞれのその先の生き方にちょっと変化をもたらしていく・・・そんな内容。

それが、テンポよく、爆笑の渦の中進行していくんです。

ホテルに泊まるのが初めてでオートロックの仕組みを全く理解できないマリカとベルボーイのやりとりだったり

関西からきたオバチャンふたり組の迫力と「大阪の笑い」に振り回されるツアコンやベルボーイだったり

ロビーなのにケンカしたりラブラブしたり忙しい役者と愛人のめんどくさーいやりとりだったり

しっとりとした大人の雰囲気のキャリアウーマンと天真爛漫なマリカの会話のかみ合わなさだったり

とにかく、お腹をかかえて笑うとはこのこと、って感じでした。


梶原さんの、ちっちゃい体でぴょんぴょん跳ねるような大きな動きの笑いの取り方はまるで吉本喜劇だったし、
その勢いを周りに振りまいて、周りも容赦なく巻き込んでいく感じはさすがでした。
周りの人達に、「大阪の笑い」についてとにかく教育していくんです(笑)
「ここはこう言わなあかんやろ!あんたはやれば出来るって信じてるで!」
なにがやねんwww

要所要所天真爛漫な笑いを取っていく、柏さん演じるマリカは、たまに演者たちに無茶ぶりをしているらしく、ほかの公演を見た人に聞いてみたら、ネタ的なことが全く違いました。
わたしが観た公演は、コンビニで買ってきた「Melty Kiss」がかなりネタとして幅を取っていて、ベルボーイの加藤くんにうまい棒を渡して、「ねぇ~、切腹してよー。メルティキッスでぇ」と訳のわからないことを言うんですが。
加藤くんは3回も、「メルティキッス♡」と言いながらうまい棒で切腹をする羽目になるというwww

カーテンコールでは、またそれをやらせられることになり、構えたところで「本日はありがとうございましたー!」と梶原さんが言い、それを受けて加藤くんが「やらせんかーい!」とつっこむ、コテコテの関西のお笑いを完璧に演じて、大きな拍手をもらっていましたw

あらすじも何も、ごちゃごちゃですが、とにかく大笑いな1時間40分。
でも、人生って何だろう?ってちょっと考えちゃう部分もあって、わたしはとても楽しめました。

舞台は生モノ。一徹くんもそう言ってましたが、ほんとうにそうで、いくらこうやってブログに残そうとしても、生のままでは残せません。
そういうところが舞台の良さだなぁって。
また面白そうな舞台あったら、今回みたいにお一人様で楽しむの、ありだなぁって思いました。

舞台後は、大学時代の懐かしの街までちょっと足を伸ばしてのんびりと散歩したり、元職場の辺りをぷらぷら歩いてカフェに入って当時のことを思い出して和んだりしました。
良い一日でした。

作品レポ中心にすると宣言したものの、「ビビコン」気になっていた人も多かったようなので、ちょっとだけ書いてみました。
たまにこういう変則的なレポも書きたいと思います。

一徹くん以外 | 【2015-01-13(Tue) 01:17:41】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]

「AVM」

今田耕司×鈴木おさむ による第5弾舞台「AVM」
脚本・演出:鈴木おさむ

日時:2014年8月7日(木)~10日(日) 全5公演
7日(木) 18:30開場 19:00開演
8日(金) 18:30開場 19:00開演
9日(土) 13時30開場 14:00開演 / 17:30開場 18:00開演
10日(日) 15:30開場 16:00開演

会場:六本木 俳優座劇場
出演者:今田耕司
    大久保佳代子 徳井義実 
    長谷川るみ  エリアンナ
    西寺郷太
※出演者については追加になる場合があります。

料金:前売り¥7,000-(税込) 当日¥7,500-(税込)

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

上記公演についてツイ友ちゃんに教えてもらって、それがAV業界の話でさらに徳井さんが「イケメン人気No.1AV男優」役だと聞いて、絶対に観に行きたい!と思いました。
チケットを無事確保し、8/8(金)の公演に、お友達と行って参りました。
席はおかげさまで良席で。なんと4列目のど真ん中という・・・

ステージには、二つの白いソファー。ひとつには空気を入れて膨らましてあるパンティー履いたお人形(通称ダッチワイフというもの笑)、正面にはスクリーン。そしてスクリーンの上にドラムセットなどが組まれています。

会場が真っ暗になり、いよいよ始まる♪という期待ののち、ステージに照らし出されたのは、バスローブ姿であぐらをかいている今田耕司さん。
「人はどうして生まれてくるんやろう?」
などという人生についての疑問を会場に問いかけ、消えます。

このお芝居の配役ですが・・・
今田耕司:引退間近の50歳ベテランAV男優「鬼頭 虎(とら)」
大久保佳代子:カルトな熟女AV女優(昼間は派遣社員)「桜田 淳(じゅん)」
徳井義実:AV大好きで文房具メーカーを辞めて汁男優からイケメン人気No.1AV男優になった「月山 雅(みやび)」 
長谷川るみ:若手で売れっ子の小生意気なAV女優「海野 楓(かえで)」
エリアンナ:ハーフの明るいAV女優「美馬 響(ひびき)」
遠藤要:いつかは映画監督になるのが夢のAV監督「火柱 誠(まこと)」
西寺郷太:BGM演奏&幻のAV監督「ゴッド榊」の声

お芝居始まる前に、幕に出演者とスペシャルサンクス的に「島袋浩・森林原人・しみけん・カンパニー松尾」の名前も挙がりました。
鈴木おさむさんが「週刊SPA!」で取材をしたそうで、劇中、この方々から聞いたエピソードを盛り込んでいたようです。パンフレットに書いてありました。

舞台は、過去と「Now」を交互にたどりながら進んでいきます。

<虎と雅>
初めて虎と現場が一緒になった頃、雅はまだ「大橋」という名前でした。
汁男優から成り上がって初めて虎と3Pをさせてもらえることになった当日。
カラミは上手く出来たと思ったけど、カメラの位置や、もうひとりの男優のことなどまだまだ配慮が足りず、虎の指導を受ける大橋。
でもそれは気に入られてのこと。虎に叙々苑に誘われ大喜び。
こうして虎とは師弟の仲になり、将来「鬼頭 兎」って名前にしろ、などと言われ有頂天になる大橋。
ある現場では、68歳のおばあさん相手に勃ち待ちになってしまっている大橋のもとへかけつけた虎が完璧にその代理を果たします。
「おばあちゃん子だからできない」と言う大橋に、虎も「俺かておばあちゃん子や!でも目の前の女性のカワイイとこ見つけて勃たせる、それが男優や」と教え込みます。
でも、大橋はだんだんと売れっ子になるに従い、また女性向けAVに抜擢されたのをきっかけに名前を「月山 雅」に改名し、日々何現場も忙しくこなす中で、当初の「AVが好きでたまらない!」という喜びを忘れたかのように、とにかくセックスさえ見せればいいという「心」の無いカラミを見せるようになってしまいます。
「女優との空気感が大切!」と言い続けてきた師匠:虎にも反発してみたり・・・

<虎と淳>
ベテラン男優とベテラン女優であるふたりは、何度も現場で一緒になるなど、互いを信頼している存在。
かなり激しいプレイも受け入れる女優の淳は、その昔アソコに卵を8個入れたのが出てこなくなり、虎が救急車で付き添ってくれました。
それから、実は少しずつ虎に対して恋心を抱いている淳。
でも、虎には奥さんも、今度小学生になるお子さんもいるし、何よりAV業界では男優と女優の恋愛は御法度。
現場ではセックスしてるのに、撮影外でのふとしたこと(頭を撫でてくれたり、顔についてる陰毛をとってくれたり、お土産を買ってきてくれたり・・・)でキュンとするのは普通のオンナだよねぇ~と響と語り合う。

<誠と響>
誠は「いつか映画監督になる」という野望を持ち、「AVなんて撮りたくて撮ってるわけじゃない」と言い切ります。
もとはADだった誠も、代理でやむなく監督をする現場があり、しかもケツが4時間後だからととにかく男優を急かします。
虎はそんな誠にご立腹。
「お前が男優やったらどんな気持ちになるか、やってみろ」と言い、その場で淳とカラミをさせ、無理難題を・・・
「まんぐり返しからの正常位」「正常位からのまんぐり返しからの騎乗位」「またまんぐり返しからの駅弁」
普通の男優にとっても難題なのに、あっさりこれをやりきってしまう誠。
そしてそんな姿を見て切なくなっているのが、実は交際相手の響。
響は将来映画監督になりたいという誠を応援しているし、何より彼氏なので、ほかの女優とのカラミなんて見たくないのです。
そしてある日・・・響は自殺します。

<楓>
テレビにも出演するほどの売れっ子女優の楓は、売り出しの頃は誠とハメ撮りでの出演でした。
今はNGだらけの生意気女優です。
NG男優も多く、虎もNG。淳のことは「ババア」だと馬鹿にしていて、衝突します。


舞台はシンプルに最初の状態のまま。
役者の衣装もずっと同じバスローブのまま。
暗転して正面のスクリーンに「Past(○年前)」とか「Now」と表示されてから始まるお芝居で、観客はそのストーリーを追います。
おカラミシーンは、スクリーンの裏に役者が周り、影絵状態(志村けんのバカ殿でもたまにやる感じ)で演じています。
男優のアソコは・・・どうやってるかわかんないけど、たぶんだけどコンドームにポンプかなんかで空気入れて表現していたような・・・
しょんぼり勃ち待ちのときはちっちゃいんだけど、ムクムクって大きくなるの(笑)
リアルすぎなくて笑いを誘って、なかなか面白かったです。
BGMは、スクリーンの上にあるドラムセット前にパジャマ姿の西寺郷太さんが座っていて、ギターをポロポロ弾いたり、DJのようにレコード回したり、ドラムで演奏したり。
たまに響役のエリアンナさんも上に上がって歌ったり・・・生演奏なお芝居はとても贅沢感たっぷりでした。

↑のような背景を抱えつつの「Now」。
誠は「ありきたりじゃないAVを作りたい」という希望を持って、これが引退作になる虎、そして淳と雅と楓をスタジオに呼びます。
3日間も拘束、内容は一切知らされていない、スタジオで顔を合わせる相手も知らされず。
虎がNG男優の楓は「ババアと共演、しかも虎もいるなんて冗談じゃない!」と腹を立て、雅も「3日間何も知らされずこのメンバーで拘束ってどういうことだ」と憤ります。
結局内容を知らされることもないまま、誠の言うとおり、じゃんけんで負けた淳以外の3人がカラミをしぶしぶやったり、なぜか虎と雅が男同士なのに絡ませられたり・・・

そんな中、日中派遣社員をしている淳の上司の元へ淳の出演作が届くという事件が起こり、その犯人はなんと楓。
「この世界、必死でギリギリでやってんのに、あんたがなんだか幸せそうに普通に会社で働いてるのがいけないんだよ!」と無茶苦茶なことを言います。
そして売れっ子でテレビにも出て幸せそうに見える楓だけど、もしAV女優を辞めても「あいつはAVやってた」という目で見られると知り、
「AV女優やったら、一生幸せになれないって誰か教えてよ!!!」
と泣き叫び、崩れます。

心に痛かった。このセリフ。
AVに生きているわけではないわたしでも、AVが好きで見て女優さんや男優さんと触れ合っているわたしには、そんなセリフは・・・できれば聞きたくなかった。もし万が一それが現実でも。

というのは、このお芝居はAV業界の人だけが観ているわけでも、AVについて詳しい人が観ているわけでもなく、純粋にお笑いが好きだったり今田さんや徳井さんなどの出演者が好きだったりで観に来ている人もいる。
それに、お芝居が好きで観に来た人だっていると思う。
そういう人たちにAVの世界のことを知ってもらえる機会にもなるこのお芝居で、「AVやったら一生幸せになれない」というセリフ。
それを劇中、誰も否定できないんです。

実際、虎は「体力の限界」を理由としながら、実は今度小学生になる子供のことを考えての引退を匂わせてもいるし、
淳は体調不良でピルを飲まなかったせいで、撮影で妊娠してしまい、それで辞めようと思ってる。

そんなふたりが最後は慈しみ合い、「ありのままで」「心のまんぐり返しを」などと誠に指示されながらのおカラミシーンを演じ、それは感動的ではあるのですが・・・

途中に「AVってすごい」という内容のセリフがあって、もっともっとそこをフィーチャーしてほしかったな、と思ってみたり。

でもね、お芝居全体を通して、エロすぎもせず、決してAVを茶化しているわけでもなく、でも面白おかしく笑いを取っていて、そこはさすがの鈴木おさむさんだと思いました。
大掛かりなセットの組み換えもなく、あれだけの世界観を描けるっていう舞台のシンプルなところもよかったです。
そして、これまであまり知られてこなかったAV男優にこうしてスポットを当ててのお芝居、これもとても画期的で、見た人の心に残る作品となったことは確かだと思います。
鈴木おさむさんも、パンフレットの冒頭で、「男優さんを主人公においた物語ってなぜに今までなかったんだろう」「すごいです。AV男優というお仕事。超格好いいです!」と言っています。

AVM=AV Men だそうで、AVに生きる男たちを表しているそうです。
この人は実際の誰の役、というわけではなく、それぞれの役にはベースとなるモデルがいるところに、いろんな人のいろんなエピソードを盛り込んでいるなぁと興味深く観ました。
それが誰か、とも別に言わないけど(笑)

わたしとしては、一徹くんが観てどう思ったかなぁと気になるところではありましたが、消しちゃったみたいだけどツイにちょっと心の中が現れていましたね。
きっと胸に刺さる何かがあったのかなぁ~と、勝手に想像していますが、総じて「おもしろかった」となっていたから、ちょっと安心しました。

久しぶりにお芝居を見たけれど、やっぱり生っていいなぁ。
劇中、大久保さんと今田さんが「ありの~ままの~♪」と歌うとことか、出演者も笑いをこらえきれなかったり(笑)
それを見て、今田さんがアドリブ飛ばしたり・・・そういうの見てても楽しかったです。

これを機に、また何か面白そうなお芝居があったら観に行きたいと思いました。


一徹くん以外 | 【2014-08-10(Sun) 23:16:19】 | Trackback:(0) | Comments:(10) | [編集]

Copyright © ピンクなココロ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。