FC2ブログ

義母の舌と接吻 艶堂しほり

義母の舌と接吻 艶堂しほり
義母の舌と接吻 艶堂しほり

ずっとご紹介したかった作品です。
これ、全編にわたって、一徹くんとムータンが登場する共演作のドラマものなのです。
そして、女優さんは、一徹くんがLOVE BODYの「切恋」で共演した艶堂しほりさんです。

一徹くん(秀美)とムータン(信也)は、高校の同級生。
しほりさんは、ムータンの義母です。
ムータンの父である旦那さんは海外出張で不在がちで、しほりさんは自分が女性であることを持て余し中・・・。
ムータンにとっては「母」というより姉のような存在で、一徹くんにとっても、友人の美人母という憧れの存在(というか、性欲の対象)。

ムータン宅に泊まらせてもらった一徹くん、ムータンが寝てる間に、リビングにひとりのしほりさんに無理やりキスを!
その場を、起きてきたムータンに見られそうになって、不意なキスだけで終わってしまいますが・・・
それで欲求不満なカラダに火がついてしまったしほりさん、次の日の朝にひとり慰めているところを一徹くんに見られてしまうのです。

意地悪そうな「スッキリ、しました?」からの、「昨日のことが忘れられないんです。お願い・・・目、つぶって」とキス。
もう、抑えられない二人。
「舌と接吻」というタイトルですので、キスはたっぷりですが汁気多めですw
キスしながらズボンの上からアソコを触ってもらって、ガマンできなくなる一徹くんは、しほりさんを屈ませてズボンとパンツを下ろし、
「ガマンできない・・・舌、出して」
と言う間もなく、欲求不満な奥様はしゃぶりつきます。
ねっとりとしたテクニックと妖艶な目つきに翻弄される一徹くん。
何度も「きれいだ、しほりさんきれい。気持ちいい!」と言って、しほりさんを喜ばせ、しほりさんはもう止まらない!
とうとう一徹くんはお口の中にたっぷりと発射してしまいます。

そんな一部始終を実は全部見てしまったムータンと、それに気づいてニヤリとする悪徹くん(ぞわぞわ)

たまに帰って来る旦那さんとは熱く愛し合うのに、また海外出張で不在にしてしまうと、寂しくて欲求不満になるしほりさん。
どうも、一徹くんとはその後も何度も逢瀬を重ねているようです。

かかってきた携帯電話を取って
「秀美くん?まだ?待ってるのよ?」と待ちきれない様子のしほりさんに、一徹くんは電話越しに指令を・・・
このシーン、電話越しの一徹くんの声が最高すぎて♡
しかもドSすぎて♡
姿が映らないからって早送りしてはいけませんw
この部分だけ、録音してスマホに入れておいてもいいな(*´Д`)って思うこと請け合い!

「やらないと、行かないよ?僕に会いたいんだよね?エッチなしほりさん、見たいんだ・・・」
と、なぜかベロベロと窓を舐めさせるというシュールな画ですがw
「すっごくきれいで、いやらしい。もっと。もっと。見てるよ。」
しほりさんはどんどん興奮して、窓越しに服を脱ぐことも拒まなくなっちゃいます。

「乳首立ってんね・・・自分で触って。思いっきりオナニーして。・・・見てるよ。」
と言う一徹くんの声を聞いて、なぜか電話を切っちゃうしほりさん(おいw
ここからは窓の外に向かってのオナニーシーンです。かなりシュールですw

そこへ突如背後から登場して抱きすくめる一徹くん。
「おちんちんほしい?」
って、待ちきれないしほりさんにいきなりの挿入です。
「ほしかったんでしょ?ん?」
イッちゃったしほりさんに、優しく囁いたりしながら乳首をつねったり・・・
大丈夫とささやいて目隠しし、ソファーへ誘導。
「プレゼントがあるんだ。気に入ってくれるといいなぁ~」

ちょっと怖がるしほりさんに
「大丈夫。心配しないで。いっぱい気持ちよくなって。」
と優しく声をかけながら愛撫する一徹くん。この優しい声は反則です。

そこへ、なんとムータンが入ってくるのです(!)

「見えない?どんな感じ?」
としほりさんが見えない状態だと確認しつつ、ムータンに目配せ。
目隠しのまま、ムータンの「ムータン」を触らせ、
「先輩です。こういうのもいいでしょ?」と言いくるめ、しほりさんもすっかりその気に。

義理の息子と知らずにベロベロとキスをするしほりさんをニヤニヤ眺めながら、後ろからじーっと見て、胸を愛撫したり、指示を出す一徹くんの表情が悪くてエロい(*´Д`)
「このおちんちん、我が子のようにいっぱい気持ちよくしてあげて」
まさに、我が子なんですけどねーwww
そして、我が子の精子を口で受けるしほりさん。

「どうだった?先輩も、すっごく喜んでくれた。」
満足そうな義母の様子を見ながら、ムータンはその場を立ち去ります。切ない・・・
一徹くんは、
「まだしたりない?」
と言って、そのまましほりさんと続きを。

「正常位で欲しい!」というしほりさんに、素で吹きそうな一徹くんやら、
「好きな体位どれ?」って喘ぎながら訊いてくるしほりさんに、とまどってる一徹くんやら、
さっきまで余裕で攻めてたはずの一徹くんが少し崩れ気味なのがおもしろいですw

それにしてもおつかれさまです。
さっきから何度も挿入したりフェラされたりしてるのに、イカずにガマンしてここまでやってきたんだもんね←
正常位になってから長い長い!
がんばれーーーー!

終わってからも「またしたい♡ダメ?」って言うしほりさんに、また吹いてるw


その後も、秀美と「先輩」との目隠し3Pは何度も繰り返され・・・

わたしはダイニングで3人とも全裸で絡んでるシーンが美しくて好き。
BGMにはクラシックのピアノ曲が流れてるの♪
ピアノをはじくような弾き方の時に、一徹くんが乳首をはじいてるというシンクロに今度はわたしが吹きました・・・(爆)


何度「先輩」として義母のカラダに触れても、最後の一線は越えられないムータンは、義母への想いを募らせていきます。
そうして義母と二人の晩にとうとう\(^o^)/

という、ハッピーエンドなのかどうなのかよくわかりませんが、ドSな一徹くんも堪能できるし、たまにおかしくなって素が出ちゃってる一徹くんもいるし、出番は多いし、ムータンとの共演だし!

見て損はないはず!と紹介したくてしたくてたまらなかった思いをぶつけてみました。







マドンナ | 【2015-08-15(Sat) 01:06:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

おばさん捜査官は見た! ~違法生肉・闇取引の真相編~ 暮町ゆうこ

oba00014ps.jpg

「おばさん・・・えええ~!」って思うかもしれませんが・・・サンプル見てどうしても本編見たくなってしまった作品なのです。
なんでだろう~?面白そうっていう勘?
だって・・・「違法生肉・闇取引」ですよwww もうそこからしておもしろさビンビン伝わりませんか?w

それに、この画像・・・w
oba00014-3.jpg

oba00014-5.jpg


見たくなる気持ち、伝わりました?

さて、冒頭、銀行強盗を取り押さえるシーンから始まります。
「動かないで!」が暮町さんの第一声。わたし思わず「カワイイ!」って言ってしまいました。
声が、とってもカワイイの。そして、パッケージよりも若く見えるしチャーミング。
銃を落とされたけど、腕力と大きなおっぱいで強盗を押さえつけ、無事に逮捕です\(^o^)/

続いて暮町捜査官に与えられた任務、それが違法生肉・闇取引の組織への潜入捜査です。
家政婦として、一徹くん率いる闇組織へ潜入する暮町さん。
これでもか、というほどのミニスカートを履いて、ピッチピチで谷間が見えまくりのカットソー、そして意味がないぐらいちっちゃなエプロンをしてw

闇組織は、一戸建てのお屋敷内。表向きは精肉工場を営む会社みたいだけど、裏では違法生肉を売買しているのね・・・よくわからないけどw
一徹くんはその組織のボスです。部下がヘコヘコしながら一徹くんに話してるんだけど、一徹くん髪短めでかわいくって、パッと見全然威厳がないwww

掃除をしてる暮町さんにニッコリして「ごくろうさま」って声をかけるとこなんて、惚れてまうやろー的なキラキラ笑顔☆
「肉のカタマリが・・・・」と話しているとこをニヤリとしながら聞き耳たてる暮町さんです。

家政婦のいるところで、裏情報をベラベラしゃべる組織の下っ端たち・・・ダメじゃんw

組織の頭、一徹くんのところへお茶を出す暮町さん。
「えーっと、新しく入った・・・くれ・・・?」
「暮町です。」
「暮町さん来てくれたおかげで、うちの事務所も華やかになりました。何かあったらボクに言ってくださいね」
物腰もソフトで、優しくて・・・ないつもの一徹くんと同じ。
って、「じゃボクはこれで・・・」ってせっかくお茶出したのに、立ち去ってしまう。おーいwww

この組織を陥落させるためには、一番下っ端から攻めるべきと判断した、暮町捜査官、いつも叱られて落ち込んでいる下っ端のぼくちゃんに、ソファーを掃除するフリして押さえつけ、
「やりがいのある仕事?違法生肉をネットオークションに出品する仕事が?おっと、大声出さないでね。大声出したらびっくりして、このキン○マつぶしちゃうかもよ?」
爆笑www
こうして色仕掛け?で肉の保管場所を聞き出し、なぜかそのままえっちに持ち込む~\(^o^)/

終わって、脱衣場で「久しぶりのセックス、気持ちよかったなぁ~」ってつぶやく暮町さん。
捜査は???

ある日、キッチンでカメラ片手に捜査をしていると・・・
冷蔵庫から生肉発見\(^o^)/ 肉の保管場所、普通すぎる~~~www
ところが、組織の中堅に見つかってしまい、「潜入捜査かい?精が出ますなぁ~」あれ?バレバレ?
盗聴器も隠しカメラも仕掛けてあるそうでwww
仕事が雑だぜwww
生肉片手に脅しをかけ、なぜかキスを迫る中堅社員w
逃げる暮町さん、追いかける中堅社員。
逃げたところがソファーなので(爆)、そのまま犯されます( ´∀`)
嫌がってたのに、快感に身悶える暮町さん。
だんだん自分から求めていったり・・・喘ぎ声が独特w
あと、体をクネクネさせるのが特徴的w 見てて面白くなってきちゃいます。

終わってすっぽんぽんのまま、向かったのはキッチン。
そして冷蔵庫のコンセントを抜く・・・ん?意味がよくわからない・・・
この意味は結末にわかるのです\(^o^)/

次のシーンはなぜか和室の布団に半裸状態でクネクネしてる暮町さん。
どうも中堅社員に調教されて、欲望にまみれているようでwww
そこに、銃を片手に登場するのが一徹くん。
銃でおっぱいつついて、「潜入捜査はもういいのか?」「どうしてほしいんだ?言ってみろ」
「ん~~~してほしい♡」ってクネクネ暮町さん
このシーンの一徹くん、完全にSです。S徹好きな人、よだれたれますお(*´∀`*)
「どうして欲しいのか言ってみろ。たっぷり可愛がってやるから」
「舌を出せ。やらしいな」
「誰が服脱がせていいって言った?ちゃんと俺の許可とってからだろ」
「乳首ビンビンじゃないか」
クネクネする暮町さんに
「ん~、落ち着け落ち着け」って諭してみたり。
でね、言ってることはこんなにSなのに、顔がちょー優しいの♡ それにニコニコしてるw
一徹くん、素で楽しんでるように見えるwww
「おまんこグチョグチョにして欲しいんだろ?ここか?」
って舐め続けたり、お尻を叩いたり。
「何が欲しいかちゃんと言ってみろ」
「ん~~~~早く欲しい♡」
「言え。おちんぽ欲しいって言え」
「おちんぽ欲しい~~~」
「任務はいいのか?」
「ん~~~いい~~~」
って文字に起こすと笑っちゃうようなやりとりが続きますwww
フェラ、パイズリさせて、乳首を舐める暮町さんをニヤニヤしながら眺め
「あいつ、こんなことまで調教しやがって」ってうれしそう。
「入れてもいい?」って甘えた感じで訊く暮町さんに
「入れてもいいですか、だろ?」
挿入してからの暮町さんの反応がいちいちツボってしまって、わたし笑いっぱなしでしたw
「おまんこぬるぬるでちんぽ入らねーよ」とか言う一徹くんもおかしいし!
でも、「こうか?もっとしてほしいか?」って言う一徹くんの声カッコよくてーーー\(^o^)/
バックの体勢にさせて、なかなか入れてあげないイジワルするとか・・・S徹たまらないよw
動いてあげなくて、たまらず自分で「動かして?」って言いながら腰を振る暮町さん。
「自分で動かしてんじゃん」って冷たくあしらう一徹くん。
最後は正常位で「ほしいか?ほしいか?」って言いつつの、顔射ですが・・・
暮町さんの腕を踏みそうになってよろけます!wwwお見逃しなく!

一徹くんは暮町さんを起こして、頭を撫でてあげるの。


さて、潜入捜査は失敗かと思いきや・・・
次のシーン、裸の暮町さんの横で、Yシャツだけ羽織った一徹くんがスライスした生肉とワイン?を堪能しています。
「ん~!行為のあとの生肉は最高だなぁ~」www
暮町さんにも勧めるけど、「そんな高価なものは食べれません」って遠慮する。
食べ進める一徹くん・・・突然喉を抑えて「ううっ!」
すかさず暮町さんが手錠と銃を取り出し、押さえつける!
「冷蔵庫の電源切っておいたのよ!」
ほお!なるほど!そこか!!!と納得してしまいましたwww

あー、おもしろかった\(^o^)/


一徹くんの服装:黒いスーツ、水色のシャツ、紺と水色の斜めの縞のネクタイ



マドンナ | 【2013-01-29(Tue) 23:25:30】 | Trackback:(0) | Comments:(6) | [編集]

若義母のマル秘性教育 Vol.2 長澤あずさ

juc00538ps

一徹くんが全編出演の、しかもカワイイ童貞息子くんな作品です♪

家庭の事情はちょっと分からないけど、厳格なお父さんと若い義母のあずささん、一徹くんは一人息子。
お父さんが厳格に育てすぎてしまったのかなんなのか、一徹くんは心優しそうだけど、女の子みたいに育ってしまって・・・部屋の中もカワイイ小物がきれいにディスプレイされてたり、女の子向けの漫画雑誌を読んでいたり・・・。
そんな風に育ってしまったのを、お父さんはなぜかあずささんのせいにします。

一徹くんの家庭教師役は一徹くん自身が師匠と仰ぐしみけんさんw
部屋でお勉強教えてもらってるシーンは、見てて吹きまくってしまいましたwww
実は、この家庭教師とあずささんは男女の関係・・・。えっちしながら、どうしたら一徹くんが男らしくなるか相談するあずささんw
しみけん先生は、「女の子にもっと興味を持たせるといい」とアドバイスするのです。
激しく攻めながら・・・(*´Д`)ハァハァ

ある日、一徹くんの部屋にやってきたあずささん、「女の子に興味を持って欲しいんです」って唐突にw
一徹くんは「女の子の友達はいるんだけど、裏表あって汚くて・・・」って。
とっても純朴な目をして言うの。あのねぇ・・・かわいすぎるの(*´∀`*)
「女の子とエッチしたいって思ったこと、ないんですか?」って聞かれても、子犬みたいな目で見つめるだけな一徹くんw
「オナニーとかしたこと、ありますか?」って訊かれても、「おなにー?」って( ゚д゚)?な顔・・・ウソでしょぉ。この歳で知らないなんてwww
そんな一徹くんを見かねて、急に脱ぎ始めるあずささん。
目をそらす一徹くん。
「ちゃんと見なさい。これは教育です。男の中に感じる気持ちをちゃんと感じなさい。」
って全裸なあずささんwww
しかも、BGMはクラシックなのぉ~(´▽`*)
おどおどと、そんな全裸の義母さんを見上げる一徹くん・・・
「君も、脱いでください」と言われて、素直に脱ぎ始めます。
そして二人ともきっちり服を畳んでwww クッションに正座して向かい合う。
「ちゃんと見せなさい」と言われて、股間の手を外すと、あら!
「よかった、ちゃんと勃起しているわね」
淡々と説明を始めるあずささんがたくましいw
ここでのBGMはピアノ曲w なんかね、ずっとこんな調子なんですの。教育場面では心地よいクラシックやピアノ曲が流れているこの作品。
あずささんはM字開脚をして、自分のアソコを見せます。
「汚いと・・・思いますか?」と訊かれて、
「いえ・・・とっても・・・きれいで・・・ドキドキします」と答える一徹くんの顔に萌え(*´∀`*)
女性器について淡々と「これがクリトリス、これが大陰唇・・・」とレクチャーするあずささん。
こんな性教育、実は必要なのかもって思ってしまう。あ、母がやる必要はないけども←
一徹くん、顔近づけすぎwww つばをゴクリと飲み込むとか、必死で覗き込むとか、見てるこっちがドキドキしちゃうよw
「一徹くんも恥ずかしいと思うけど、大事なとこ、こすってみてください」って言われて、ふたりで向かい合いながら、オナニーし合います。
いきなり応用編過ぎやしませんかw さっきまでオナニーって言葉すら知らなかった男の子にー。
しかも一徹くんのこすこすが、激しいw 加減しらない男の子って感じで(*´∀`*)
必死な姿がかわいくって愛おしいwww やばい、わたしお母さんみたいな気持ちになってきた(´▽`*)アハハ
いつの間にか立ち上がってる一徹くんとその目の前でお股広げてオナってる若義母さん。
すごい変な画です。
と思ったら、一徹くんがそのまま発射でぶちまける\(^o^)/
「いっちゃったのぉ?おかあさんも今イクから見ててぇ」と言って追いかけるあずささん。
あれ?性教育はぁ?www
ふとわれに返って、また元の正座体制に戻る二人。
いつの間にか消えてたピアノ曲が復活して、チャンチャン♪ってところでシーンが終わります。
なんか・・・BGMの構成がよくできてるの\(^o^)/

オトコとして目覚め始めた一徹くんは、勉強も手につかず・・・
やたらセクシーな格好で掃除をしているお義母さんのところへ。

またふたりで正座して向き合い、今日の教育が始まります。
「一徹くんに彼女が出来た時に困らないように。わたしたちは親子だから、本当にはしません。いいですね」
と、セックスのやり方をとうとう教えるお義母さん。
教育の場面なので、クラシック曲流れてますよ~w
まずは自分が脱いで見せる。それを見る一徹くんは、さっきよりもオトコの目なの。
うまいなぁ~ちゃんと演じ分けてる!
一徹くんも服を脱ぎ、また全裸で正座で向き合うふたり。
今日は自分の体に触れさせて、愛撫させます。
最初はおどおどして「こ、こう?」って確かめながらな一徹くんも、途中からスイッチが入ります。
その時の息遣いとかね、ついつい激しくなるとかね・・・見ててドキドキ。
あずささんは、時折気持ちよくなりながらも「すごくいいですね」とか褒めることを忘れない。
ええお義母さんやぁ←?w

アソコを触らせながら、「わたしどうなってますか?えっちな表情も見てね」って言う。
こんな風にしてえっちのこと教えてくれる人いたらいいのにw
そしたら男子はみんな女性のことをやさしくいたわりながらえっちできるようになるのに~♪
お義母さんの教育の賜物で、初めてなのに手でお義母さんをイカせてしまえる一徹くんなのでした\(^o^)/
そして、おもむろにバイブを取り出して、コンドームの大切さを説いてコンドームをバイブにつけるあずささん。
そんな姿を正座のままマジメに見て聞いている一徹くん。
バイブ渡されて、「おちんちんはどこに入れるんだっけ?」と訊かれ、
お股を指差して「・・・そこ」って言うとことか、ホントにかわいすぎて( ̄∀ ̄)♡
ゆっくり入れてくんだけど、ぼそっと「こわい」って言ってみたりとか、「入んないよ?」って言ったりとか・・・。
バイブのスイッチを見つけて「これは?なに?」
「ぶるぶるすると気持ちいいから、スイッチ入れてみて?」って言われていきなりMAXに入れるとかwww
出し入れしながら首もうんうんうなずいちゃうとかー。
なんでこんなふうにカワイクできるのぉ~~~~ムカつくーーーーーw

そして、体位の教育。
「本当に入れちゃダメですよ。君に恋人ができた時に、感動を味わってほしいから」
なんていいお義母さんなのぉ~\(^o^)/(そうなのか?w)
正常位、バック、騎乗位、と挿入はせずに、手で支えたりこすりつけたりするだけで、腰を振ります。
でも二人とも気持ちよくなっちゃうの。
そして、とうとう騎乗位の時に、お義母さんの手で果てる一徹くん。
自分の腹に発射です!オメデトウ(^▽^)ゴザイマース?
でもまた気まずい表情になるふたりw

でもある日、家庭教師のしみけん先生とお義母さんが激しく肉食えっちをしてるところを目撃してしまう一徹くん。
この、激しいぶつかり合うようなえっちのシーンも、ほかのシーンと全然違う表情のあずささんが見られて、なんか作品として完成してるのよねぇ~。感心!

それから一徹くんはあずささんに急に冷たく当たるように・・・。
といっても、急に立ち上がって「風呂だよ!」と言って立ち去るぐらいだけども・・・
気にしてお風呂へ追いかけるあずささんはドア越しに話しかけるけど、
一徹くんは何やら言ってるんだけど、風呂場でエコーかかっちゃって、あまりちゃんと聞き取れないwww
女はやっばり汚い、やら、スケベなだけなんだよ!とか言ってるみたいだけどw
あずささんはため息ついて、おもむろにまた脱ぎだし(おいおい、お父さん家にいるってばw)
浴室に入っていきます。
「ちんちんくわえて、自分の性欲満たしてるんだろ!」って言われて、一徹くんのこともフェラしてあげることに。
まずは「フェラしてもらうときはちゃんと洗いましょうね。エチケットです」と教育を忘れないお義母さんw
「じゃあ、フェラチオしていきますよ」とか前置きするのが、なんだかおかしい。
そして・・・このシーンの男優さん、一徹くんじゃない気がする・・・・
声は一徹くんなんだけどね。

あずささんも、血の繋がらない息子にこうして性教育していく間に、違う愛情が芽生えてしまったのか・・・ある日ベッドを抜け出して一徹くんの部屋を訪れます。
なぜか机に向かって微動だにせず座ってる一徹くん。
「あずささんは、しみず先生のことが好きなんでしょうか。お父さんのこと、愛してないんでしょうか」
と声をちょっと上ずらせながら問いかける。
「お父様は、わたしに、いい妻とかいい母を求めてるんです。」
「しみず先生は、わたしを、オンナとして求めてくれます。」
はっとした顔であずささんを見つめる一徹くん。
「わたしは一徹くんには、ちゃんとしたオトコになって欲しいと思います。威張るんじゃなくて、女の人をちゃんと感じさせてあげられる、立派な人になって欲しいです」
「・・・がんばります」
教育、ちゃんとしてるなぁ~と思ったのも束の間、
「わたしはあなたのお母さんです。でもわたしをオンナとして見てくれますか?」
え?えええ?
そして、ここで流れるのは、「愛の夢」♪
踊りだすかと思いましたよwww
「おかあさんが、優しく教えてあげる」と言って、キス。
ふたり、今までの教育を生かして、とうとう最後までしちゃうのw
乳首責められたり、激しいフェラとかパイズリで悶える一徹くんも見られます\(^o^)/ 大好物♡
このシーンね、部屋をよく見ると、冒頭では女の子みたいな小物でいっぱいだったのが、
片付けられて、少し男の子らしい部屋になってます。
成長したのね~(*´∀`*) って嬉しくなっちゃったりw
お互い充分気持ち良くなって、とうとう挿入することに。
あずささん、自分のパジャマのポッケからコンドームを取り出します。
最初からヤル気だったーーーwww

そしてコンドームをつけてあげて、自分が上位になってとうとう挿入。
「初めてするときの感動」は結局自分が奪っちゃったお義母さんw
興奮しすぎて、めっちゃ声でかいけれどもーーー
隣の部屋にお父さん寝てるのにーーーーヽ(`Д´)ノ
一徹くんの「ガマンできない」の言い方が、甘えててすごいカワイイけども(*´∀`*)

でも、この作品が徹してるのは、顔射しないとこ。
最後もゴム中出しです。
これって自然。顔射させたら、お義母さんの性教育も台無しだもんねー、とちょっと感心したのでありました。
そして例に漏れず、また気まずい感じになるふたり。一徹くんの向こう向いて正座してるおしりがカワイ過ぎるwww

次の日の朝、お義母さんが洗濯物を干してるところへやってくる一徹くん、ちょっと気まずい表情。
でも、何かを吹っ切るように
「あずささんおはようございます!手伝いますよ!」と言って、ニコニコしながら洗濯物のシワをパンパン伸ばして(パンパンやりすぎw)
なんかやっとこの作品で一徹くんの笑顔を見られてホッとしました。

なんかねぇ~、おかあさんの気持ちになる作品でした。なぜだーwww
母性をくすぐられすぎたー゚(゚´Д`゚)゚


一徹くんの服装:白シャツ・濃いグレーT(白い柄が描いてあるやつ)・白に薄い水色のストライプの厚手のシャツ・濃い色のデニムズボン





アダルトブログランキングに参加しています。↓1回ポチっとして応援してね♪

banner




マドンナ | 【2013-01-25(Fri) 14:06:58】 | Trackback:(0) | Comments:(12) | [編集]

Copyright © ピンクなココロ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*